« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月31日 (月)

千葉県都市づくりビジョンについて

こんばんは。

10月も今日で終わり。
あっという間の1ヶ月で今年も残り2カ月。
年末まで慌ただしい日々となりそうですが、千葉県と地元成田市の発展のため引き続き活動してまいります。

Img_5686 さて今日は千葉県都市計画審議会に委員として出席しました。
議案は3件ありましたがそ
の中で、「(仮)千葉県都市づくりビジョン骨子案」がありました。

策定の必要性は、より広域的な視点での都市づくりが求められていること。
現在は、県内に47の市町村都市計画マスタープランが存在しそれぞれが個別に策定されています。
今後は、隣接する市町村間の土地利用や都市計画道路などの整合を一層図る必要があります。
そして県は、広域自治体として長期的・広域的視点に立ち、市町村間における調整を担うなどその立場も明確にしていかなければなりません。

Img_5684 Img_5688 このビジョンの位置づけとしては、30年先を見据えて、都市計画区域だけでなく県全体を対象として都市づくりの考え方とその方向性を示すこととなります。

質疑で様々な意見が出されましたが、千葉県の強みは生かして弱みを克服し、千葉県らしさが全面に出る実効性ある“ビジョン”を策定しなければなりません。

千葉県の現行の都市計画区域マスタープランの目標年次が令和7年度となっていることから、この県土づくりにとって重要なマスタープランの見直し作業が進められていくことになりますが、今日議論した「千葉県都市づくりビジョン」がその方向性をしっかりと示していくように引き続き議論に加わってまいりたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月30日 (日)

地元地区で県政報告会

こんばんは。

韓国の繁華街でハロウィーンを前に集まった群衆が転倒するなどして150人以上が亡くなるという悲惨な事故が起きました。
ニュース映像を見る限り、人々が想像をはるかに超えて集まり異常な状態であったことがわかります。
今後事故の検証が行われ原因の究明がなされると思いますが、楽しいはずのイベントが一転して悲惨な事故につながる可能性もあることを認識して、自ら行動に注意しつつ警察など警備当局の指示や必要な規制に従っていただくことをお願いしたいと思います。

さて今日は、地元の地区後援会主催の県政報告会を三里塚コミュニティーセンターで開催しました。
コロナ禍で後援会活動が思うようにできませんでしたが、感染対策を講じての開催です。

主な内容は以下の通りです。

  1. 現在の主な活動
  2.  成田空港の更なる機能強化と「新しい成田空港」構想
  3.  北千葉道路と鉄道アクセス整備
  4. 成田市の県内ランキング
  5. 三里塚交差点の改良計画とバス停新設事業の進捗状況
  6.  遠山地区内の市道整備

Img_5680 Img_5678 Img_5679 地元地域に関係する4名の市議会議員の方々(神﨑利一議員、水上幸彦議員、神﨑 勝議員、鬼澤雅弘議員)、また小泉成田市長にもご参加いただき花を添えていただきました。
ご参加いただいた方々に心から感謝申し上げるとともに、今後も私の活動を積極的に発信するように努めてまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月29日 (土)

キャッシュレス決済で還元額40億円相当キャンペーンは11月1日から1か月間

こんばんは。

今日はこの時期としては比較的暖かい1日、晴天にも恵まれました。
フィリピン近くにある台風22号の進路も当初は日本列島へ近づく予報がありましたが、その可能性がほとんどなくなり安堵しています。
というのも、1週間後の11月5日(土)はNARITA花火大会。
そして、11月6日(日)はアクアラインマラソンが開催されますので、何とかこの秋晴れが続いて欲しいと願っています。

そして今日は日中から打ち合わせなどが続きました。
また夜は2つの懇親会の席に参加しましたが、ウィズ コロナが定着していると感じます。
新型コロナウィルス新規感染者数が前週同曜日に比して増加傾向にある最近ですが、経済を止めずに次の感染の波を超えていけるような対応を県当局に対して求めて行きたいと思います。

Img_5671 Img_5672 Img_5673 さて、いよいよキャッシュレス決済による還元キャンペーンが11月1日から1か月間行われます。
題して「この秋、千葉がアツい! 還元額40億円相当‼ キャッシュレス決済で最大10%戻ってくるキャンペーン」。
還元率は支払金額の最大10%。
対象のキャッシュレスは「au PAY」、「d払い」、「Pay Pay」、「楽天ペイ」。
対象店舗は、大手スーパーやコンビニ、飲食店(認証店または確認店)、理美容店、クリーニング店など約7万5千店舗。

なお、キャンペーン期間中であっても還元額上限の40億円に達する見込みとなった場合にはキャンペーンが早期に終了することもあります。
是非、千葉県の経済を盛り上げるためにもご利用ください。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (2)

2022年10月28日 (金)

子育て支援策について貴重なご意見を頂きました 

こんばんは。

今月も残り3日。
あっという間に10月も終わろうとしています。
何かと忙しくなってきている中で、11月6日のアクアラインマラソンに向けた準備にも十分に時間が取れてはいませんが、体調を整えてハーフの21.0975kmをしっかりと走り切りたいと思います。

さて、日中は星野市議会議員主催の座談会に小泉一成市長と共に参加しました。
参加者はすべて女性で多くがまさに子育て真っ盛りという方々でした。

様々なご意見を頂きましたが、私自身が必要であると考えている子育て政策と、求められている政策との違いを実感する部分もありました。
コロナ禍によって対話が少なくなってきたこと、そして改めて直接有権者の声を聞くことの重要性を感じたところです。
県として、そして成田市として先ず取り組むべきこと、そして将来に向けて検討を開始すべきとこなど、貴重なご意見を頂いたことに感謝申し上げます。

午後からは成田商工会議所の臨時議員総会に出席しました。
役員改選の年ということでしたが協議の結果、会頭には引き続き諸岡靖彦氏、副会頭に諸岡市郎左衛門氏、加瀬敏雄氏、新任の副会頭に大塚完氏が選任されました。

この3年の任期を振り返れば、スタートは令和元年台風、そして年が明けてからは新型コロナウィルス。
経済団体としても非常に多難な3年間であったと思います。

その分今後の3年間には大きな期待も寄せられている中で、成田商工会議所には、地元企業や事業所の繁栄に尽力していただき、地元経済の発展と雇用の拡大などに貢献していただくことを大いに期待しているところです。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (4)

2022年10月27日 (木)

保育園児と芋掘り

こんばんは。

季節が進み秋が深まってきました。
今朝は今年一番の寒さであったとのこと。
日中との気温差も大きい季節です。
コロナウィルス第8波への警戒とインフルエンザなどを
予防するとともに、体調管理には万全を期していきたいと思います。

Img_5662 Img_5663 さて午前中は、地元保育園児と芋掘り。
6月に植えた苗が育ち収穫を迎えました。

最初は、園児たちもおっかなびっくり土を触っていましたが、サツマイモが顔を出すと賑やかになり、手を真っ黒にして一生懸命に掘っていました。
作物が穫れる喜びと、今日の記憶が思い出として少しでも残ってくれればと願うところです。

その後は成田空港周辺の土地利用について活動しているNPO法人の代表の方と意見交換。
1,000haもの敷地が拡大する成田空港において、その具体的な施設のあり方を検討する「新しい成田空港」構想が動き題している中で、周辺地域をどのように発展させていくかが鍵となります。

ただし、大きな問題として農地の利用規制があり、また将来に向けて持続的に発展する地域とするためには、単に宅地開発によって住宅供給をすればよいという事ではありません。
国際空港という特性をどう生かすのか、また将来にわたる経済的効果をどう考えるのかなど、留意点を明確にしながら官民が連携して振興策を立案しその実現を目指していくべきであると考えています。

その後も打ち合わせなどが続く1日となりました。
夜には久しぶりに成田青年会議所時代の先輩や同僚、そして多くの後輩の皆さんとの語らいもありました。
年末に向けて忙しなくなりますが、政治活動を進めるためにも多くの方々との交流を引き続き大事にしていきたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

 

| | コメント (0)

2022年10月26日 (水)

成長する農業を志向し政策を推し進めたい

こんばんは。

今日は大手食品メーカーの方と懇談。
最近の市況や販売促進などについて、また災害備蓄品への対応なども含めてお話を伺いました。
その中で、様々な戦略を展開していることを実感しましたが、人口減少による日本国内のマーケットの縮小は大きな課題のようです。

また、過去はテレビCMが重要であった時代から、「テレビを見ない」世代が増えて広告宣伝の在り方も大きく様変わりしているとのことでした。
私の世代では、情報を得たり余暇を過ごす際にはテレビが大きな存在ですが、インターネットやICT技術の進歩は確実に変化をもたらしてきていることも実感します。
政治においても情報発信の在り方を常に考えていかなければならない現在、私自身も有権者各界各層のニーズに対応できるように行動していきたいと思います。

さて、新型コロナウィルスの第8波への警戒がある中ですが、国内経済を活性化させるための施策展開が出てきています。
その中で、現在の為替水準も考慮して農林水産物の輸出に力を入れる動きも活発化しています。

成田市は、成田空港隣接地に輸出拠点の機能を備えた卸売市場を整備しましたが、私としても何とかこの施設を活かした取り組みを強化したいと考えています。
人口減少を補う消費の下支えとしてインバウンドに大きな期待を寄せるものですが、同時に海外への発信を強化して海外市場を常に意識していかなければなりません。

農林水産物の輸出を拡大する政策は目新しいものではありませんが、感染症により世界が大きく変化した現在、あらゆるものの考え方にも変化が生じました。
また、主要各国の経済も様変わりし、為替動向にも急激な変化が生じ、安全保障上の懸念も大幅に高まっているなど、世界情勢に不透明感が強まっています。

そのような中であるからこそ、世界的視野をもって適時に必要な政策を力強く推し進めなければなりません。
農業政策を進めたい私自身としては、目まぐるしく変化する情勢の中で、日本の各地域を守るためにも成長する農業を志向して行動していきたいと考えています。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (5)

2022年10月25日 (火)

ケーブルテレビの充実に向けて

こんばんは。

今日は予報通り寒い1日。
地元成田市内での活動でした。

様々な調整が滞っていたため、連絡調整などに時間を要しました。
その中で、教育関係の課題に広域行政である県がより一層取り組むための条例制定の手続きがあります。
残り任期中の定例議会は2回。何とかこの間にこの条例を提案し制定したいと考えています。
現段階での細かい内容のお知らせは控えますが、引き続き尽力してまいります。

さて、国会では安倍晋三元総理への追悼演説が行われました。
その追悼演説を行ったのは、野田佳彦元総理。
この2人の党首討論を記憶している方は多いと思いますが、これまで知ることのできなかった総理大臣経験者の2人の政治家の関係が思い浮かび、その演説の内容に衆議院本会議上では党派を超えて大きな拍手がありました。

国会議員として政治にかける強い思いが伝わってきた思いがします。
私も地方政治に携わる身として、県政に対し常に真剣勝負で臨んでまいりたいと思います。

夕方からは成田ケーブルテレビの番組審議会に出席。
今回も各界各層の方々から貴重なご意見がありました。

最近私自身が率直に感じるのは、視聴者目線での番組制作が行われ、番組内容が充実し技術的にも向上しているということ。そして、番組審議会で出た意見についても会社側が真摯に向き合い、より良いな番組作りに努力している姿勢が見えることです。
これらは一市民としても歓迎すべきであり、今後の益々の充実をも期待するところです。

メデイアは特に敏感に変化し、インターネットの普及によりテレビの存在も大きく様変わりしています。
将来の方向性を確実に想像することはできませんが、地元のメデイアとして、また重要な情報インフラとして成田ケーブルテレビにその役割を果たしていただくことを期待するものです。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月24日 (月)

今日は県道関係要望活動など

こんばんは。

今日は昨日から一転して寒い1日となりました。
明日は今日よりも更に気温が低くなる予報ですので、皆様体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

Img_5625 さて、今朝はJR成田駅にて小泉成田市長と駅頭活動。
12月の選挙まで2カ月となり、成田市内の政治情勢はにわかに慌ただしさも増してきています。
市民の方々の関心も徐々に高まってきていることも感じるようになりました。

運動を展開していて何よりも、行き交う人々から頂くご声援は励みになります。
引き続き頑張ってまいりますので、何卒ご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

Img_5648 Img_5654 午前中は事務所にて来客対応。
午後からは県庁にて、県道成田神崎線整備促進期成同盟の要望活動に同席しました。

長年の要望活動にもかかわらず、懸案の問題が残っています。
成田空港周辺の幹線道路網整備が重要となってくる中で、県道成田下総線の残る2か所の問題については、引き続き県が主体となりつつも成田市の協力を頂きながらその解決に当たらなければなりません。

また、圏央道の4車線化と大栄~横芝間の整備が着々と進められている中で、香取地域と成田地域のアクセス向上のためにも成田神崎線の整備を進めていく必要があります。
私としても、今日頂いた要望の個所の問題解決と関係事業が着実に進むように引き続き尽力してまいる所存です。

成田に戻ってからは農業関係の意見交換。
農業を取り巻く複雑な問題について様々な視点でのご意見を頂きました。
そのお話を拝聴して改めて農政を推進するうえで複雑多岐にわたる問題があることを実感しましたが、農業を重要な政策として位置づけて引き続き地域農業と千葉県農業の発展に尽力して参りたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月22日 (土)

日中は農業に関する意見交換会、そして市川團十郎襲名、市川新之助初舞台奉納歌舞伎

こんばんは。

今日は午前中に告別式に参列。
子供の頃から知る20代の女性の早すぎる旅立ちに、深い悲しみを覚えながら焼香させていただきました。
御主人、そしてご両親をはじめとするご家族の気持ちを察すると言葉がありません。
ただただご冥福をお祈りすることしか出来ず無力感さえも感じたお別れでした。
ここに改めて安らかなる旅立ちをお祈りするとともに、ご家族や仲間の心の中でいつまでも思い出が生き続けてくれることを望むばかりです。

Img_5620 その後は、空路でつながる都市間交流に尽力されている赤崎隆三郎氏と久しぶりに意見交換。
1月26日に予定している「空港のある地域2023成田会議」に向けてのお話や、全国各地の動きなどをお伺いしました。
改めて成田空港がLCCで国内各地と繋がっている重要性と今後の可能性を実感したところです。
特に、地元にいると気がつかないアイデアや政策について貴重なご意見もいただき、短い時間でしたが大変有意義でした。

Img_5621 午後からは農業について貴重な意見交換会。
農林水産省からは信夫隆生審議官がご参加され、農業を営む方々と様々なお話をさせていただきました。
そして実感したのが「机上の政策は役に立たない」ということ。
言うまでもないことではありますが、特の農業においては現場を知らずして政策を語ることはできないと感じました。

農業を重要政策と位置づけて議会の場でも質問を積極的に行ってきていますが、今日は自らの知識が不足していることも実感することとなりました。
現場を知る努力、常に行動していかなければならないと強く刺激を受けた意見交換会です。

夕方からは、成田山新勝寺で開催された、市川團十郎襲名、市川新之助初舞台奉納歌舞伎。
記念すべき奉納歌舞伎を観せていただけたことを大変光栄に思います。
写真等の掲載ができず皆様にその素晴らしさをこのブログ場でお知らせすることが難しいと思いますが、本当に素晴らしかったです。

世界遺産でもある日本の伝統芸能「歌舞伎」
その素晴らしさを屋号成田屋としてゆかりの深い市川家とともに、成田の地から国内はもとより海外へも積極的に発信できればと感じました。
成田屋市川家の益々のご発展を心より祈念申し上げます。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月21日 (金)

常任委員会の視察に参加してきました

こんばんは。

Img_5586 一昨日から所属する環境生活警察常任委員会の視察でに参加し、つい先ほど帰宅しました。
初日は、羽田空港から空路新千歳空港へ。
バスで移動して、初めの視察先は札幌市内の北海道立総合体育センター(北海きたえーる)。

千葉県では、令和元年の台風で総合スポーツセンター体育館が被害を受け、その後から現在まで利用を休止していますが、いよいよ令和10年中の供用開始を目指して具体的に動き出すため先進事例の一つとして視察を行いました。

Img_5576 北海きたえーるの概要は以下の通りです。
規模は東北以北最大を誇り、メインアリーナは3,886㎡、収容人員10,000人、バレーボール、バスケット、テニスであれば4面、バトミントン、卓球では20面が確保可能です。
ちなみに年間稼働率は88.6%と高い利用率です。

サブアリーナでもバレーボール、バスケット、テニスであれば2面、バトミントン8面、卓球10面が確保可能。
その他にも武道場、弓道場、トレーニング場、研修室も併設され、オープンから20年以上経過していてもなお充実した設備であると感じました。

この施設をはじめ、他の先進事例を参考にしながら千葉県を代表する体育館の建設に向けて、議会側としてもしっかりと関わっていきたいと思います。

Img_5594 2日目の昨日は、支笏湖ビジターセンターでの環境への取り組み。
ゼロカーボンパークに登録され、環境省と千歳市、そして民間によるエリア全体での脱炭素への取り組みの説明を受けました。
国立公園という位置づけもあって先進的な取り組みが目立ち、千葉県の取り組みとの単純な比較は難しい面もありましたが、社会全体が脱炭素に向けた取り組みを進めるためにも、改めて行政の役割の重要性を感じたところです。

午後からは、北海道博物館でその運営などについて説明を受けました。
また、隣接する「北海道開拓の村」を見学。
明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の建造物が54.2haの敷地に移築復元・再現されている野外博物館です。
千葉県では「房総の村」がありますが、その維持管理の大変さは共通のようでした。
しかし、貴重な歴史や文化を伝承し教育目的にも活用されるべき施設として、行政はその責任を果たさなければならないことを感じた次第です。

Img_5600 3日目の今日は、特殊詐欺抑止対策について北海道警を視察。
ちなみに、千葉県における令和4年度9月末の被害は1,024件、21億3千万円で昨年を上回っている状況にあります。
千葉県ではオレオレ詐欺が最多ですが、北海道では架空料金請求詐欺が最多であるという特徴の違いが見られましたが、これは、首都圏にある千葉県と北海道という地理的な条件の違いが犯罪組織の手口に差異をもたらすとのことでした。

つい先日、函館市で高齢女性が被害にあいましたがその額は1件で何と1億5千万円とのこと。
その手口や被害者本人とその家族の思いを察すると、許すことのできない犯行に怒りを覚えます。

これまでも特殊詐欺を防ぐために様々な取り組みがなされてきていますが、引き続き広報啓発と、金融機関やコンビニエンスストア、宅配事業者等との協働を強化して犯罪抑止に努めなければなりません。
皆様にもご協力をお願いいたします。

Img_5604Img_5614Img_5615 その後、完成間近の「北海道ボールパーク」の建設現場へ。
北広島市において官民連携で進められてきたボールパーク整備がいよいよ最終版を迎えていました。
32haという広大な敷地に「世界がまだ見ぬボールパーク」というコンセプトが掲げられ、600億円が投じられるこのビックプロジェクト、都市づくりという視点においても引き続き興味を持っていきたいと思います。

若干の疲れも感じますが、この週末も精力的に活動して参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月18日 (火)

コロナウィルス 第8波への警戒

こんばんは。

今日は午前中から打ち合わせなどが続き、午後からは人権関係の活動をする団体役員の方と意見交換。
そして、夕方からは千葉市内での打ち合わせという1日でした。

秋が深まり肌寒さも感じる今日の日中でしたが、明日の日中は更に気温が下がる予報です。
体調管理には十分に気を付けたいと思います。

さて、ここのところはコロナ感染症について話題にしませんでしたが、新規感染者数が先週は下げ止まりの傾向が見られ前週同曜日比で増加傾向に転じているとも読めます。
短期的な数字で軽々に判断すべきではありませんが、今日の千葉県の新規感染者数は1,682人でした。
この傾向は東京都など他の自治体でも同様であり、第8波への警戒も必要となってきています。

また今年の冬はインフルエンザとの同時流行が確実視されていることもありますので、合わせての警戒が求められます。

まさに「ウィズ コロナ」で対応していかなければなりませんが、日々の生活や行動の中で引き続き感染防止対策を講じていただくことをお願い申し上げます。

今日は短めの更新で失礼します。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

内需拡大にインバウンドへの期待と旅行需要の拡大

こんばんは。

円安が止まりません。
急激な為替変動は日本経済にとって好ましくありません。

政府は、必要があれば介入を行う姿勢をとっていますが、日本のみの単独介入ではその効果は限定的であるといわれています。
事実、9月22日に24年ぶりとなる円買いの介入によって、1ドル145円台後半から一気に5円以上の円高に振れたものの、現在は149円に迫ろうとしていることがそれを証明しています。

世界経済が密接に絡み合っている現在において、アメリカの大幅な金利引き上げが続いている中では、為替の誘導も非常に難しい判断となっているようです。

現在の円安は、日米の金利差が原因とされていますが、日本経済に力強さがないことも要因と言われています。
実際の日本の国内経済を見れば、まだ内需に力強さを感じることは出来ません。
そのため、日本での政策金利を引き上げることは慎重にならざるを得ず、金融引き締めに舵を切る判断に至っていない現状です。
ただし、現在の金融緩和政策が異次元であること、また長期にわたっていることなどからもその出口戦略が必要にもなってきていると考えます。
先ずは、国内の経済を復活させるためにも内需拡大を推し進めなければなりません。

そんな中で、ここ数日期待が膨らんでいるのがインバウンド。
10月11日の水際対策の大幅緩和で、国内各地に観光目的の外国人の姿が多くみられるようになりました。
コロナ禍前に注力した観光立国としての取り組みと、現在の円安のメリットが絡んで外国人旅行客の増加を見込んだ期待が膨らんでいます。

外国人観光客の消費意欲は旺盛なようで、今後もインバウンドが増加すれば国内消費の拡大も見込まれます。
不動産などの「日本買い」への対策は講じなければなりませんが、訪日外国人観光客の更なる拡大に向けての取り組みが求められます。

千葉県でも観光需要の更なる拡大に向けて、10月11日から「千葉とく旅キャンペーン」の全国展開を開始しました。
期間は12月20日(火)までです。

外国人観光客への期待と合わせて、県民の皆様が、また全国の皆様が観光地を訪れて経済活動を活発にしていただくことを願うばかりです。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月16日 (日)

運転免許更新講習 「優良」はオンラインで可能です

こんばんは。

今日の午前中は免許の更新。
2ヶ月ある更新期間も残り2日でギリギリの更新となってしまいました。
幕張の免許センターは、日曜日ということで大混雑でしたが無事に終了しました。

更新手続きの際の講習ですが、区分が「優良」(ゴールド)の方は、オンラインで更新時講習を受講できる制度が始まっています。
また今後、オンライン講習可能な区分を拡大する検討も開始されているとのこと。

尚、オンラインは”講習”のみで、実際の更新手続きは運転免許センターや警察署で行う必要があることにご留意願います。
更新時に必要な講習の効果を求めながら、時代に合わせてより円滑に更新手続きが行える制度が求められます。

Img_5570 Img_5572 その後は、館山市長かなまる謙一総決起大会に出席のため館山市へ。
5期目を目指す金丸謙一市長ですが、この4年間は令和元年の台風被害対応とコロナウイルス対応で、思うように政策を推し進められなかったとのことです。
そのためにも次の4年間にかける思いは強く、5つの政策を全面に打ち出して何としても勝利して館山市の発展を目指したいとの思いを強く訴えていました。
私も微力ですが応援して参ります。

10月もあっという間に半分を過ぎました。
議会は閉会しましたが、今週は常任委員会の視察もあり何かと忙しい1週間となる見込み。
体調管理にも留意しながら引き続き精力的に活動してまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月15日 (土)

3年ぶりの成田弦まつりの初日

こんばんは。

Img_5524 Img_5548 今日は3年ぶりとなる「成田弦まつり」が開催されました。
午前10時からは、成田山総門前広場で開会式。
そして、JR成田駅から成田山門前までの参道沿いに設けられた特設ステージでは、津軽三味線をはじめとする弦楽が楽しめました。

夕方からは、初日のメインイベントでもある「成田山奉納 津軽三味線大演奏」が成田山新勝寺の大本堂前で行われましたが、
オープニングの150人の奏者による演奏はまさに迫力満点。
多くの方々を魅了していたと思います。

また、津軽三味線世界大会の優勝者の方々の演奏や、伝統的な民謡、踊りのステージも素晴らしく、会場からは盛大な拍手が送られていました。
尚この弦まつりは明日も開催されています。
秋の成田にぜひお越し下さい。

Img_5541 Img_5544 また、日中は成田愛蘭会の秋季展示会にもお邪魔しました。
会員の方々の素晴らしい春蘭が並んでいましたが、中には金額を聞いてビックリするものもありました。
春季展示会では綺麗な花を咲かせますが、秋は葉の綺麗さが魅力です。
清楚で気品ある春蘭、是非皆様もご興味を持ってはいかがでしょうか。

それから、成田市の栗山公園SL広場では「鉄道開業150年 鉄道まつり in 成田」が開催されていました。
Img_5535 Img_5537 一番人気は蒸気で走るミニSL。
特に子供達に大人気でした。
また、トークショーや鉄道グッズと鉄道廃品などの販売もあり、多くの鉄道ファンで賑わうSL公園でした。

JR成田駅の駅長さんはじめ多くのJR職員の方々がいらっしゃいましたが、出入国の規制緩和で成田空港を結ぶ列車も一気にお客さんが戻ってきたとの嬉しい情報もありました。
成田にとって明るい話題もお聞きすることができた今日のイベントです。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月14日 (金)

9月議会が閉会しました

こんばんは。

今日は9月定例議会の閉会日。
午前中の議会運営委員会からはじまり、午後からの本会議で追加提案された補正予算をはじめ全16件が可決しました。

また、自民党提案の発議案「千葉県議会議員の定数及び選挙区等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」が賛成多数により可決しました。
内容は、法律により強制合区となる「勝浦市・夷隅郡選挙区」(定数1)を「いすみ市選挙区」(定数1)に合区して「勝浦市・いすみ市・夷隅郡選挙区」(定数2)とし、人口の少ない選挙区に多く定数が割り当てられていた逆転区の解消のため、流山市選挙区の定数を現行の2から1増の3として、これまで3.06倍あった一票の格差を2.69倍にまで低下させるというものです。
これにより全体の定数は94から1増の95となります。

定数については削減ありきではなく、県内の人口動態や分布、また地理的条件と、何よりも県内各地の複雑化・多様化している県政課題を把握し、各地域の県民の代表である議員がそれぞれの地域から選出される必要性も考慮し、1増としたものです。
ちなみに国勢調査によると県の人口は、約6万人増となったことも1増とした理由の一つにあります。

議会の定数については、様々な議論や意見があることを承知しています。
来春の選挙への対応は今日決定しましたが、今後の千葉県の様々な変化に応じては、検討を行い必要な変更もしていかなければならないとの課題意識を引き続き持ち合わせながら来春の選挙に向けて準備をしてまいります。

本会議終了後は自民党の政務調査会で不登校児童生徒の教育機会確保について、県独自の条例制定を視野に入れた検討会が開催され、私から現時点での条例案について説明をしました。

不登校児童生徒に対して、学校復帰のみを前提とせずに多様な教育機会を認めることについては、様々な議論があります。
しかし、増加の一途をたどる不登校児童生徒の問題は看過できず、何よりも不登校となっている児童生徒の将来の社会的自立を目指すため、学校や行政と関係団体とが連携しながら支援する必要があります。

平成28年に制定された教育機会確保法をもとに、千葉県としての取り組み姿勢を明確にするための条例の制定を目指して、引き続き検討を重ねてまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (5)

2022年10月13日 (木)

都道府県農業会議会長会議に出席

こんばんは。

今日は雨の1日。また寒い1日でした。
日に日に秋の深まりを感じつつ、多くの政治課題に向き合っています。

Img_5506日中は、都道府県農業会議の会長会議。
6月28日に千葉県の会長に就任して初めての都道府県会長会議でした。

会場に着いてからは早速、全国農業会議所の国井正幸会長にご挨拶。
国井会長は栃木県の会長でもあり、千葉県の鶴岡前会長と非常に親しい間柄であったとお聞きしていました。
お話を伺うと千葉県のことも様々に気にかけていただいていることを感じ、鶴岡前会長に引き続いてのご指導をお願いしたところです。

Img_5505 会議の内容は、多岐にわたり専門的なものも多くありました。
新米会長としてはどれもが新鮮な内容に感じ、その職責の重さも痛感したところです。

今後は、全国の方々とも交流しながら千葉県農業の発展と、農業委員会組織や農地利用の最適化、そして食料安全保障の強化にも資するように尽力して参りたいと思います。

さて、明日はいよいよ議会の最終日。
議案の採決が行われる重要な1日となります。

また、先日お知らせした物価高騰対策として約150億円の追加補正予算が追加提案され、即日審査することが予定されています。
朝から議会運営委員会、その後は自民党の政務調査会、本会議後も条例制定を目指す会議などスケジュールが詰まっていますので慌ただしくなりますが、与えられているすべての責任をしっかりと果たすように臨みたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月12日 (水)

アクアラインマラソンに向けて

こんばんは。

今日は午前中に告別式に参列。
自宅の近所で長くお世話になった方のご逝去に、深い悲しみを覚えました。
ご生前のお元気であったころのお姿、また私が子供のころに様々に接していただいた思い出を胸に、手を合わせご冥福をお祈り申し上げました。

その後は打ち合わせと要望箇所の調査。
続いて成田市役所にて打ち合わせ。
様々な規制があることを改めて認識しつつも、地域の活力を見出すためにも合理的な判断が出来ないものか更に検討したいと思います。

Img_5502 さて、11月6日のアクアラインマラソン2022が迫ってきました。
前々回の2016と2014大会では、フルマラソンに参加してどうにか完走(実際は完歩)することが出来ました。
今回は6年ぶりということでハーフにエントリーし、今日、ゼッケンなど一式が届きました。

準備は?というと、トレーニング不足は否めず不安はありますが、何とか走るように頑張ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月11日 (火)

駅頭からはじまり土木事務所での打ち合わせと要望活動、企業訪問そして保育園業務という1日

こんばんは。

いよいよ今日から入国者数の上限が撤廃されました。
テレビ報道でも各空港の様子が流れていましたが、成田空港を地元に持つ私としても歓迎です。
順調にインバウンドが増加し、航空や観光などを中心に日本経済全体に寄与してくれることを期待しています。

Img_5495 さて今日は、駅頭活動。
私自身の活動ではなく、12月25日に投開票が行われる成田市長選挙に向けて、現職の小泉一成市長の応援に参加しました。
市議団の方々、そして後援会の方々と共にJR成田駅を行き交う方々に広報紙を配布しながらのご挨拶。
過去2回の成田市長選挙は無投票であったためか、関心の高さを感じます。

「成田空港の更なる機能強化」もいよいよ具体的に動き出し、周辺地域の振興策も着実に進め中ればならない成田市にとって重要な時期を迎えますので、継続すべき政策と新たに挑戦する政策を明確にしている小泉市長を応援して参ります。

その後は成田土木事務所での打ち合わせ。
成田市内の課題について職員の方々から説明を受けました。
そして自治会からの道路管理に関する要望活動に同席。
長年問題となっている個所の存在を認識しましたので、その解決に尽力して参りたいと思います。

午後からは企業を訪問。
様々なお話を伺いましたが、成田市内のスポーツ施設の状況についての指摘を頂きました。
先ずは現地を確認してみたいと思います。

夕方は理事長を務める保育園の打ち合わせ。
日々様々な出来事が発生しその判断を問われますが、何よりも安全で安心な保育を提供して子育て環境が充実するように引き続き尽力し、社会的責任を果たすように努力して参りたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

 

| | コメント (0)

2022年10月10日 (月)

今日は飯田町琴平神社秋の例大祭 そして明日からいよいよ入国者制限撤廃

こんばんは。

Img_5459 今日は飯田町琴平神社秋季例大祭。
最近では、地域の伝統行事も徐々に再開しています。

地元成田市飯田町の琴平神社では、夏のお祭りの際に山車が引き回され盛大なお祭りが行われていましたが、コロナ禍で中止が続いてきました。
そして「今年の夏こそは」との思いも、第7波の感染拡大期となってしまったため山車の引き回しは中止となってしまっていました。

Img_5473 しかし、何とか山車の引き回しを行うことが出来ないか、との強い思いが結実し、今日の秋の例大祭に合わせて準備が進められ、無事に当日を迎えることが出来たとのことです。
事前申込制にして、1週間前からの体調管理などご苦労も大変であったようですが、定刻の17時に神社を威勢よく出発して行きました。

今年は山車の電飾を全てLED化したとのことで、夕刻の町内を明るく照らしていたのが印象的です。
飯田町区の益々のご発展と、琴平神社のご隆昌を心より祈念申し上げます。

さて、今日で連休も終わり。
明日からいよいよ海外からの入国規制が大幅に緩和され、入国者数の上限も撤廃されます。

既に海外からの予約も増えているとのことで、国際空港を地元に持つ成田市としてもインバウンドの増加に期待があります。
報道によれば、既に成田空港の国内線は、発着回数でコロナ禍前を上回ったとのこと。
順調に回復していることを嬉しく思います。

あとは国際線。
ただし、国際線の回復はしばらく時間がかかるとの見込みです。
海外の空港ではコロナ禍で多くの離職があり、需要の回復に人材が追い付いていないという問題が生じて、一部では便を制限せざるを得ない事態ともなっている模様です。

この点は成田空港でも懸念されているところで、空港を支える人材を確保していかなければなりません。
成田空港では将来の50万回化に向けて新たに3万人の人材確保の課題がありましたが、先ずはコロナからの回復への対応に注力する必要があります。

コロナ禍により最も大きな影響を受けたともいえる航空業界。
成田空港を地元に持つ成田市、そして千葉県として、関係機関と連携しながら様々な課題を乗り越えて「ウィズ コロナ」「アフター コロナ」への対応に力を注ぐように求めて参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月 9日 (日)

4年ぶりの公津フェスタ

こんばんは。

Img_5458今日は公津商店会主催の「ひかり輝け!公津フェスタ2022」。
振り返ると、2019年は台風の影響、そして2020年と2021年はコロナ感染症の影響で何と
4年ぶりの開催でした。

主催の方々にとっては、縮小開催のため様々な不安もあったようですがですが、いざふたを開けてみると会場の公津の杜駅前は多くの人で賑わいました。
長引く自粛などで多くの行事がなかったこともあるようです。
また、各学校では部活動の発表や大会もなくなり、練習に励んでいた生徒の皆さんにとっても待ちに待った発表の舞台となっていたとのことです。

Img_5445 Img_5451 また、私も久しぶりにお会いする方と様々な会話を交わすことができました。
多くの人々が楽しむ光景を目の当たりにして、感染症には引き続き留意しつつも、賑わいを取り戻す努力が必要であることを実感したイベントです。

また夕方からは公津商店会の役員の方々と今日のイベントの反省会も含めた久しぶりの懇談会。
経済情勢や政治情勢などについての会話も弾み、非常に有意義な時間であったと思います。

飲食を伴う会合等は、まだ完全解禁とはいきませんが、人数を絞るなどの工夫で徐々に再開している最近です。
私自身も少しずつ会食の場が増えてきました。

政治にとって人々の生の声が重要です。
今後も感染対策を講じながら、県民の皆様の生のご意見を拝聴する場に積極的に参加して参りたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月 8日 (土)

今日は私学振興大会

こんばんは。

今日は千葉県私学振興大会が幕張メッセで開催されました。

Img_5439開式の後、先ずは高校総体で優勝した選手たちの入場と紹介。
会場からは盛大な拍手がありました。
素晴らしい成績に残した選手たち。
今後の更なるご活躍を期待したいと思います。

そして大会の本来の目的である~私学教育を考える集い~として、主催者からの説明、来賓の挨拶などが続きました。
Img_5440 私学教育は公教育の一翼を担っているその重要性から、千葉県教育の振興を図るためにも引き続き支援していく必要があります。
今後10年間で中学校卒業者数が県内全地域で減少する中で、公立と私立が連携して教育環境が充実するように関係者が務めていかなければなりません。

教育は”国家百年の計”。
政治にとっても最重要政策でもあるため、私自身も教育政策の重要性を常に認識して千葉県教育の発展に努めてまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月 7日 (金)

自民党本部で成田空港議連 県庁では農業協会役員と懇談

こんばんは。

Img_5425 Img_5429 今日は午前中に自民党本部で開催された成田国際空港推進議員連盟の会議に出席しました。

国土交通省、千葉県、成田市、芝山町、多古町、空港会社NAAの出席があり、NAAから「新しい成田空港」について、そして千葉県からは国家戦略特区の取り組みについて説明があり、出席者からも様々な意見が出ました。

私からは、主に以下の内容を話しました。

  • 機能的にも環境的にも世界最先端を目指し、地元にとっても世界に誇れる空港づくりを推進して欲しい
  • 鉄道アクセスの強化が重要であり、都心から20分代を目指した整備に取り組んで欲しい
  • 世界とのネットワークが拡充するように努めて欲しい
  • 空港周辺では、国家的視点での先端産業の集積を目指した取り組みを推進して欲しい

最後に二階俊博会長からは、我が国を牽引する国際空港づくりを自民党として推し進める、との力強いご意見もがありました。

いよいよ機能強化の具体的な事業が開始されますが、引き続き世界との競争に打ち勝つ空港づくりと、周辺地域の振興策の実現を強く訴えてまいります。

Img_5431 午後からは県庁に戻り、農業協会の役員との懇談会に出席しました。
現下の飼料、肥料、資材、エネルギーの高騰が農業経営を直撃している現実を改めて実感することとなりました。
また、日本の農業を根本的に見直す必要性についてもご意見があり、千葉県としても県独自の農業政策を強く推し進めなければならないとの危機感を共有したところです。

ここ数年、県議会においても農業政策についての議論が少なくなっているように感じています。
私としては、”食”を守る重要性を引き続き訴え、県内農業の発展に資する活動に力を入れてまいる所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月 6日 (木)

常任委員会後は県警の通信指令センターと交通管制センター、そして犯罪被害者支援センターを視察

こんばんは。

今日は所属する環境生活警察常任委員会。
はじめに警察本部、その後は環境生活部の順に審査が行われ、議案は可決すべきものと決定しました。

その後、所管事項についての質疑で、私からは警察官採用状況について質問しましたが、採用試験の倍率が低下傾向にあることが明らかになりました。
教員の採用試験についてもその倍率低下が指摘され大きな問題となっていますが、警察官も同様の傾向にあります。

今後も新卒者数が減少していく中で、県民生活の安全と安心を守り県が持続的に発展するためにも必要かつ優秀な警察官を確保していかなければなりません。
そのための取り組みについて、警察本部に対して引き続きの努力をお願いしました。

Img_5419 午後からは、県警本部の通信司令センターと交通管制センターを視察。
24時間体制で県内の110番通報の全てを受電する通信指令センターの重要性を理解しました。

また交通管制センターにおいても、県内の交通状況を常に監視しているその重要な現場を目の当たりにしましたが、改めて日ごろの業務に敬意と感謝を抱いたところです。

県民生活や県の経済活動に密接かつ多岐にわたって関わる警察業務について、県民の理解を広げる必要性も感じたところです。

Img_5423 Img_5421 続いては、千葉犯罪被害者支援センターを視察。
事件・事故により突然平穏な生活を奪われた被害者やその家族の思いは想像を絶するものがあります。

千葉県では昨年、犯罪被害者支援条例を制定しましたが、被害者からの相談件数は年々増加傾向にあり、その支援を更に充実させる必要があります。

そのためにも支援センターの活動が重要になってきますが、その運営には財政面や人材面など様々なご苦労があることを改めて知る機会となりました。
誰でも突然に犯罪被害者となる可能性もあることから、県民の幅広いご理解も必要であると感じています。
そしてより多くの方に賛助会員(年2,000円)になっていただくなど、直接的なご支援もお願いしたいところです。

皆様にもどうかご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月 5日 (水)

千葉県の物価高騰対策支援追加補正予算の内容 生活者支援40億円 事業者支援に110億5千万円

こんばんは。

今日は議会が休会のため地元成田市内に留まっての活動。
その中で午前中は空港関係の打ち合わせがありました。

成田空港の機能強化が進みつつある一方で、入国規制の緩和によって海外との往来が徐々に増えてきましたが、10月11日からは基本的に入国規制が撤廃されるため更に出入国者の増加が期待されています。
その流れを成田空港としても掴んでいかなければなりませんが、首都圏においては国際線需要を羽田空港も担っているため、都心に近く世界の主要都市との路線を持つ羽田空港が先行してその需要を取り込むのではないかとの懸念もあります。

千葉県としては成田空港を県の成長エンジンとして位置づけていますので、成田空港と国内外の都市とのネットワークを充実させることが重要であると考えており、今後の需要回復段階の動向が気にかかるところです。
私としても成田が国際線の基幹空港であるという位置づけを明確にして、あらゆる機会を通じて成田空港のネットワーク拡充を求めて参る所存です。

さて今日は、物価高騰への対応として追加提案される予定の補正予算の概要についてお知らせします。

生活者支援 40億円

  • 省エネ家電購入促進事

  • 省エネ性能の高いエアコン・冷蔵庫・給湯器をキャッシュレス決済で購入した場合1万円~3万円のポイントを付与

  • 千葉県版GoToイート
    プレミアム付き食事券を発行 プレミアム率は20%程度 販売開始時期は追って発表されます

事業者支援 110億5千万円

  • 医療機関物価高騰対策支援
    病院と有床診療所に1床当たり5万円

  • 福祉施設物価高騰対策支援
    高齢者施設 定員1名あたり2万5千円
    障がい者施設 定員1名あたり2万2千円
    グループホーム 定員1名あたり1万6千円

    児童養護施設 定員1名あたり1万2千円

  • 農業水利施設物価高騰対策支援
    土地改良区の農業水利施設の電気料金高騰分(3月~12月分)の1/2を支援

  • 省エネ・再エネ型事業再構築・設備投資支援
    太陽光発電設備、電気自動車の導入などに対して上限1千万円で2/3を補助

  • 貨物運送事業者物価高騰対策支援
    営業用普通貨物 1台当たり2万3千円
    営業用軽貨物 1台当たり8千円

  • 地域公共交通物価高騰対策支援
    乗り合いバス 1台当たり2万円
    タクシー 1台当たり1万円
    地域鉄道 2万4千円~180万円(事業規模による)

  • 観光促進キャンペーン
    予算15億円で団体旅行への優待を想定 詳細は今後発表されます

新型コロナウィルス感染症は依然として大きな問題ですが、現在は、県民生活を支える物価高騰対策に重点を置かなければなりません。
県に対しては更に機動的な追加対策も求めて行きたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月 4日 (火)

北朝鮮による弾道ミサイルが日本上空を通過 最大に強く非難

こんばんは。

今朝は北朝鮮による弾道ミサイル発射のニュースが一斉に流れ緊張が走りました。
北朝鮮は、これまでもミサイル発射を繰り返していますが、今日のミサイルは日本の上空を通過したということで全国瞬時警報システム「Jアラート」も発信されました。
幸い、船舶や航空機などにも支障はなかったものの、北朝鮮によって繰り返される弾道ミサイルの発射は、我が国にとって最大の脅威であり、国連安全保障理事会の決議にも明確に違反していることから、最大限に強く非難し国際社会とともに連携して抗議しなければなりません。

一方で、我が国の防衛体制ですが、今朝のJアラートで一部でご発信があったこと、また、ごく短時間内での正確な情報の伝達が必要であるにも関わらず、発信までに時間を要していることなどが問題として指摘されています。

北朝鮮による挑発行為に慣れることは決してあってはならず、我が国の防衛と国民の生命と財産を守るために必要な対応をとることが求められ、そのことに対する国民の理解が必要であると考えます。
国会が開会しましたので、国政として真に必要な議論を早急に行い、確固たる防衛体制の確立をお願いしなければなりません。

さて、今日は本会議開会前に議会運営委員会。
10時からは本会議で一般質問が行われ、午前と午後で計4人が登壇。

本会議後は自民党県連関係会議、そして再び議会運営委員会が開催されて委員による互選の結果、副委員長を務めることとなりました。
議会運営の要である議会運営委員会の副委員長として、木下委員長を支えながらその責任を果たして参る所存です。

成田に戻ってからは成田ライオンズクラブの例会に出席。
「テーマの時間」を頂き、最近の県政や成田を取り巻く諸課題とその対応についてお話しさせていただきました。
お聞きすると、外部から招いて話を聞くのは久しぶりとのこと。私をお招きいただいたことを光栄に感じた次第です。

参加された方々にとって有意義なお話が出来たかはわかりませんが、私にとっては人前でお話しすることで改めて自身の政策を整理して、更に必要に応じて新たな視点を持つきっかけになるなど、政治活動を行う上で重要な機会になります。
そのため今後も、様々な機会をとらえて多くの方々に私自身の政策などをお話しする機会を頂きたいと思いますので、皆様の中でもご興味がありましたら、是非お気軽にお声がけください。

県議会は前半の本会議日程が終了しましたが、引き続き慌ただしい日程が続きますので職責を果たすべく精力的に活動してまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月 3日 (月)

日本製鉄君津製鉄所の排水からシアンが検出された問題


こんばんは。

週が明けた今日も県議会は一般質問が行われています。
他会派の議員の主張の中には、時折首をかしげたくなる内容もありますが、県民の幅広い意見が議員を通じて発せられているという思いで拝聴しています。

お昼の休憩中には、常任委員会の打ち合わせ。
現在は環境生活部と警察行政を所管する環境生活警察常任委員会の所属となりましたが、早速環境部の所管の中で重大な出来事が連日報道されています。

それは、君津市の日本製鉄の製鉄所から基準値を超える毒性ある有害物質のシアンを含む排水が流れ出ていたこと。
そして過去何度もシアンが検出されていながら、適切な対応がとられずまた県に対しても報告がなかったことが大きな問題となっています。

日本製鉄という日本を代表する企業のその対応に不信感を抱かざるを得ず、千葉県は、原因の究明と再発防止を徹底するように行政の責任として指導、監視していかなければなりません。
なお県からの報告によると、立ち入り検査の結果、現在はシアン不検出で環境基準を上回る数値は確認されていないとの報告を受けています。
しかし、今回明らかになった事態は県民生活と環境を守るためにも看過することは出来ないため、担当の常任委員会の委員として必要な議論に参画し、県及び日本製鉄に対して万全を尽くすように求めて参る所存です。

夕方は自民党の政務調査会の打ち合わせ。
物価高騰への対応と環境対策充実のための補正予算が編成されることとなり、追加の議案が提案される見込みです。
その規模は約150億円。
県民生活と様々な産業に大きな影響を及ぼしつつある物価の高騰。そして積極的に取り組んでいかなければならないカーボンニュートラル関連政策。

必要な予算を必要な時に臨機応変に対応すべく追加で編成された補正予算についても真正面から議論して県民の負託に応えて参りたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月 2日 (日)

合言葉は”成田市からJリーグへ!”

こんばんは。

今日は日中に香取市内の葬儀に参列。
市議会議長時代に大変お世話になった方のお母様のご逝去に、心から哀悼の誠をささげ焼香させていただきました。

成田市内に戻ってからは2つの打ち合わせ。

Img_5400 Img_5407 夕方からは、社会人サッカーチーム「成田ユナイテッド」の試合を観戦。
成田ユナイテッドは、現在、千葉県社会人サッカーリーグ1部に所属していますが、合言葉は”成田市からJリーグへ!”です。

そして今日の対戦相手は船橋FC。
前半を2-0で折り返し、後半の最初は流れが悪い中で早々に1点を返されました。

しかし、その後は再び積極的な攻撃を展開し、終わってみれば6-1で見事な勝利。
前試合に続いて実力が発揮できた素晴らしい試合であったと思います。

いよいよ来月には、ワールドカップ カタール2022が始まります。
世界の熱い戦いで盛り上がってくると思いますが、地元でも成田ユナイテッドを大いに盛り上げるように今後も応援して参ります!

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2022年10月 1日 (土)

保育園の運動会、夕方は勉強会にて講演

こんばんは。

Img_5394 天候に恵まれた今日は、理事長を務める地元の保育園の運動会。
今年も感染症対策を講じ規模を縮小しての開催となりました。
保護者の方々には参加人数を絞るなどでご不便をお掛けしましたが、眩しい太陽が照る中で園児たちの可愛らしくも練習を重ねて成長した姿を、多く見ていただけたのではないかと
思います。

感染症対応の運動会も今年で3回目。
来年こそはとの思いを毎回持ってきましたが、今年も来年こそは通常の運動会になることを願うばかりです。
ご協力いただいた保護者の皆様に、心から感謝申し上げます。

午後からは、地元成田市の小泉一成市長の女性後援会関係の会議に出席。
12月の選挙に向けたお話があり、出席された役員の方々に私からもご支援をお願いしました。
選挙戦まで3カ月を切った中で、慌ただしさを増しつつある成田市の政治情勢ですが、微力ながら支援させていただく所存です。

Img_5395 夕方からは、イオンモール成田にて開催された「空港通り活性化協議会」の勉強会で講演させていただきました。
主な内容は、成田市土屋地区の渋滞問題で、関連して私からは、北千葉道路の現状と今後について、また「新しい成田空港」構想と共に具体的な検討が開始されている鉄道の複線化についてお話ししました。

成田市土屋地区の渋滞解消のための解決策は、北千葉道路の成田市押畑~大山間3.7kmの早期開通です。
県が行ったこの区間の事業評価では、残事業費321億円で令和12年度の開通目標が設定されていますが、鉄道に近接し、かつ軟弱地盤ということで事業に遅れが生じています。

また様々な問題も浮上し、更に鉄道の複線化工事も現実味を帯びてきていることから、北千葉道路の現計画の構造やルートにつて再検討を要するのではないかととの懸念が出てきました。

成田市土屋のイオンモール成田周辺は、成田市内でも特に交通が集中し激しい渋滞が発生しているため、その対策を講じること、そして北千葉度道路に係る課題を早期に解決して事業を進めるように、引き続き関係機関に強く求め参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »