« 成田空港が抱える物流の2024年問題 | トップページ | 一歩一歩、前進あるのみ »

2023年2月11日 (土)

私の地元は、ジンギスカン発祥の地

こんばんは。

今日は会長を務める成田市野球協会の総会。
令和4年度の事業報告と決算、そして令和5年度の事業計画と予算の審議をお願いし、無事に各議案が可決しました。

昨今の野球人口の減少や、コロナ禍による影響もあって社会人大会への参加チーム数も減る傾向が続いています。
今後も同様の傾向が続くものと思いますが、世代や性別を超えて野球に親しめる環境づくりに引き続き尽力してまいります。

午後からは「御料牧場シンポジウム」。
参加された方々とともに、私の地元に現存するかつての御料牧場と皇室ゆかりの史跡や展示物等を見学しました。

昨今、下総御料牧場の歴史が薄れつつあることに危機感を抱くものであり、今後も文化的、学術的価値を深く認識して貴重な歴史を伝承していかなければならないと考えています。
特に多くの方々が関心を示すのが”ジンギスカン”。

明治時代に日本初の牧羊場が開設され、その後に食用にも転じていった歴史を考えると「ジンギスカン発祥の地」は”成田市三里塚”であると認識しています。
空港建設に伴い御料牧場が栃木県高根沢町に移転した後は、ジンギスカン料理を提供する店舗も徐々に少なくなってしまいましたが、地元では再びその歴史的価値を大事にしようとの機運が高まっています。

多くの方から貴重な歴史や文化的価値を有すると評価される私の地元地域。
その貴重な歴史を後世に繋げられるようにその責任を果たしていかなければならないと感じた今日の出来事です。

千葉県議会議員 小池正昭

|

« 成田空港が抱える物流の2024年問題 | トップページ | 一歩一歩、前進あるのみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成田空港が抱える物流の2024年問題 | トップページ | 一歩一歩、前進あるのみ »