« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月31日 (水)

繰り返される北朝鮮によるミサイル発射 断固とした姿勢で強く抗議

こんばんは。

Img_7421 Img_7420 昨日は全国農業委員会会長大会のため文京シビックホールへ。
農業・農村の最前線でご尽力いただいている全国の農業委員会会長が一堂に会しての大会で、「食料安全保障の確立に向けた持続可能な農業・農村を創るための政策提案」等を決議しました。
野村哲郎農林水産大臣をはじめ多くの国会議員も来賓として駆けつけていました。
引き続き千葉県農業会議を代表する立場として、他県の方々とも連携しながら農業の持続的発展に尽力して参る所存です。

そして今日は自民党会派の政務調査会が開催されました。
6月13日に開会予定の定例議会に提案される議案の概要について説明を受け、自民党としての代表質問の内容について協議しました。
改選後初の定例議会における代表質問は慣例により政調会長が行うこととなっていますので、今回は印西市選出の滝田敏幸政調会長が登壇の予定です。
内容的にはまだまだ煮詰まっていませんので、協議検討を継続して参ります。

個人の一般質問についても登壇者を内定させましたが、急遽私が2月定例議会に引き続いて登壇の機会を頂くこととなりました。
時間的に余裕はありませんが、質問内容を詰めていきたいと思います。

さて、今朝は全国瞬時警報システム(Jアラート)が出され緊張感を覚えました。
北朝鮮から沖縄方面に向けてミサイルが発射されたことによるものでしたが、その後我が国への影響がないことが確認されJアラートは解除されました。

”瞬時警報システム”とは言っても、ミサイル発射への対応は時間的に非常に難しいと感じます。
また、Jアラートへの”慣れ”も生じてしまうのではないかとの懸念も感じたところです。

ただ何よりも、北朝鮮による繰り返されるミサイル発射に対しては断固とした姿勢で臨み、強く抗議しなければなりません。
国際社会が一致結束して対北朝鮮への対応にあたり、朝鮮半島をはじめとする近隣アジアにおける平和を求めて行く必要があることを国民全体として理解していく必要性を強く感じた今日の出来事です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (1)

2023年5月29日 (月)

土木事務所から事業説明、NAAと打ち合わせ、そして個人下水道協会の総会

こんばんは。

今日はまず成田土木事務所から令和5年度の事業説明を受けました。
都市と農村地域が混在する成田土木事務所管内は、道路や河川などについて様々な事業が展開されています。
更に都市機能の向上のためにも新たな事業に着手も芯化ければなりませんが、何と言ってもその鍵は”財源”です。

特に成田空港の機能強化が進む中で、空港機能を最大限に発揮させるのと同時に、空港会社NAAが施策の柱に掲げる「地域と空港との相互連携による一体的・持続的発展」を実現するためにも、空港周辺道路の計画的整備が必要となり、新たな予算も確保していかなければなりません。

千葉県経済をけん引する成田空港の発展に資するためにも、成田地域の道路交通ネットワークの向上を強く求めて行きます。

午後からは空港会社NAAとの打ち合わせ。
機能強化に関する事業が着々と進捗していく中で、地元との調整が不十分な事項があることを指摘しました。
5年前の「成田空港の更なる機能強化」の合意に至るまでの議論と経緯などを理解していないとも感じる部分があり、空港づくりにのみ注力している姿勢は、本来目指してきた方向性とは異なるものです。
今後も必要に応じて問題提起をしていく必要があると感じています。

その後は成田市個人下水道管理協会の通常総会と懇親会。
この協会は成田市内における合併処理浄化槽の保守点検、法定検査、維持管理などの業務を担っていただき、市が推進する様々な環境対策にも協力していただいています。

下水道区域の拡大が容易でない現実の中で、合併処理浄化槽の普及による環境対策は非常に有益であるといえます。
大規模な投資と経年による管路の改修が求められる下水道や集落排水に対して、耐用年数も約50年と長く個別の維持管理が出来る合併処理浄化槽の活用を今後も進めていく必要があります。

環境意識が高まってきている中で、行政として今後も更に水質の浄化に向けた取り組みを推進しなければなりませんので、引き続き管理協会の皆様と共に課題認識を共有して活動してまいる所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月28日 (日)

後援会の当選報告会 日ごろのご支援に心から感謝申し上げます

こんばんは。

Img_7412 日曜日の今日はまず地元の美化運動に参加。
毎回100名を超える住民の参加があり、地元の地域が奇麗に保たれています。

冒頭にご挨拶の機会を頂きました。
選挙戦でのご支援への感謝と今後も精力的に活動していくことをお話ししました。
地元地区の暖かい対応に心から感謝申し上げます。

続いては後援会関係の打ち合わせ。

午後からは成田空港騒音対策地域連絡協議会の常任理事監事会議に顧問として出席。
今日は国土交通省、千葉県、空港会社NAA、成田市からそれぞれに説明がありました。
私も発言の機会を頂きましたので、第2の空港づくりと言われる「更なる機能強化」が四者協議会で合意してから5年の歳月が経過した中で、空港の拡張工事は着実に進みつつあるものの、地域の具体的な振興策が遅れている現状を指摘し、今後の取り組みの強化を求めました。
関係機関が縦割りの対応をするのではなく、常に連携しながら空港づくり対して地域づくりが遅れることのないように引き続き各種の振興策の実現を求めて参ります。

Img_7413 そして夕方からは私の連合後援会の当選報告会。
選挙前の後援会活動から選挙戦中の事務所の運営や遊説、各地域での活動など、様々に関わって頂いた方々にご参集いただきました。
改めて多くの方々のご支援があっての今回の当選であったと深く認識すると共に衷心より感謝を申し上げたところです。

今日の当選報告会を経て、ご支援いただいている方々のご期待に沿うべく、引き続き研鑽を重ねながら政治活動に注力して参ります。
改めて日ごろのご支援に心から感謝申し上げます。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月27日 (土)

市内各地のイベント・行事に参加した1日

こんばんは。

Img_7381 Img_7382 今日はまず、成田市公設地方卸売市場で開催の成田楽市へ。
多くの一般の方々が訪れて、新鮮な魚介類や野菜などを購入していました。
普段は見られない賑わいがあったと思います。

この市場は輸出拠点としての機能を新たに加えて移転整備されました。
現状では、流通の変革やコロナ禍もあって正直言って賑わいにかける状況にあります。
しかし、千葉県北総地域の重要な流通拠点として、また全国初のワンストップ手続きを備えた輸出拠点市場として発展させていかなければなりません。
さらに、国際空港に近接したその立地を最大限に活かして、新たな食の観光施設として発展することを願っているところです。

Img_7392 Img_7395Img_7396 続いては成田空港開港記念フェアへ。
今年もイオンモール成田で開港45周年を記念したイベントが開催されました。
成田空港もいよいよ次のステージへと進みつつあります。
羽田空港の国際線の充実や鉄道アクセスの強化が気になるところでありますが、地元としても成田空港が日本の国際線の基幹空港であるという自負を持って第2に空港づくりを推進しなければなりません。
そして、地元の成田と千葉県はもとより、日本の成長を牽引する国際空港として発展するより努めていく必要があります。
皆様にもあらゆる面での成田空港への応援をよろしくお願い致します。

続いては自衛隊員のOB等で組織される千葉県隊友会成田支部の懇親会に出席。
これまではコロナ禍で開催できませんでしたが、久しぶりに会員の方々とお会いして様々な意見交換をさせていただきました。
世界情勢が大きく変化し、アジア近隣でもその影響が見られる昨今、国の防衛の重要性についての議論を避けてはなりません。
領土、領海、領空を守り、そして国民の生命と財産を守るためにも、引き続き防衛力強化の必要性への理解が進むように努力して参りたいと思います。

Img_7401Img_7410_20230529082601 夜は成田市サッカー協会40周年記念式典に出席。
そして今日は小泉一成市長の誕生日ということで、Happy Birthdayのサプライズもありました。

友好都市の台湾桃園市の方々をお迎えして、盛大にかつ楽しく開催された今回の記念式典。
サッカーを通じての両市の国際交流が盛んになっている状況を目の当たりにしたところです。
また、サッカーによる地域づくりが活発に行われている事例も多くあることなどから、今後も地元成田市でのサッカーの盛り上がりを応援して参りたいと思います。

Img_7406 小泉一成市長、お誕生日おめでとうございました!

千葉県議会議員 小池正昭

 

| | コメント (0)

2023年5月26日 (金)

今年も保育園児とサツマイモ苗植え

こんばんは。

Img_7368 Img_7369 今日は保育園児とサツマイモの苗植え。
毎年恒例の行事です。
ちなみに品種はシルクスイート。

昨年は豊作とはいきませんでしたので、今年は職員の家族の方にご協力をいただいてマルチングを行いました。
秋の収穫には園児たちの喜ぶ顔を楽しみにして豊作を願いたいと思います。

午後からは成田ユネスコ協会の総会。
引き続き理事としてユネスコ運動に協力して参りたいと思います。

夜は成田ロータリークラブの新入会員歓迎例会に出席。
スケジュールの関係で普段はあまりクラブの活動に参加できませんが、地元地域の経済を支える多くの業種の方々と交流できる場でもありますので、出来る限り出席を心掛けていきたいと思います。

ちょうどこの例会中に地震が発生。
一斉に緊急通報が鳴り出したため被害など心配になりましたが、幸いにも大きな被害がなく安堵しています。
最近の全国各地での大きな地震の発生に不安を感じるところでもあります。
皆様にはいざという時のための日ごろからの備えをお願いいたします。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月25日 (木)

空港対策協議会

こんばんは。

今日は午前中に事務作業。
その後は県庁へ。

午後1時からは農業会議の打ち合わせでした。
主には今年度の理事会と総会の議案について確認。
千葉県農業会議の会長に就任してから1年が経過しようとしていますが、改めて農業会議が千葉県農業に大きく関わっていることを実感した次第です。
限られた職員で多くの業務を担っていますが、引き続き使命感を持って千葉県農業の発展のために尽力して参る所存です。

Img_7362成田に戻ってからは成田空港対策協議会の定時総会に出席。
総会の議事終了後には、基調講演として航空局の新垣慶太次長からの
「航空行政の現状と展望」と題したお話を拝聴しました。

航空を取り巻く状況が刻々と変化している中で、成田空港が世界最先端の空港へと生まれ変わり、周辺地域が共栄することを目指して努力を続けています。
その中で私が常に意識しているのが羽田空港との関係。
これまで多くの路線が成田空港から羽田空港へとシフトしてきた事実からも、常にその動向を注視しています。

Img_7364 Img_7365 今日のお話の中にも羽田空港の施設面、アクセス面の向上が戦略的に着実に進んでいることが明確にされていました。
特に鉄道アクセスについては、JRと京急によってその向上が計画的に図られていく見込みで、近い将来、東京駅をはじめ都心の主要駅から羽田空港へのアクセスが格段に向上します。

一方成田空港では、長年鉄道アクセスが短所の一つとして位置づけられてきていますが、その向上策について議論はされているものの具体的かつ活発な動きが見られていない状況です。
第2の空港づくりと言われる「成田空港の更なる機能強化」と「新しい成田空港」構想を推進していかなければなりませんが、アクセスの向上は課題の大きな柱として位置づてその抜本的問題を解決していく必要があります。

まずは道路アクセスで圏央道と北千葉道路、そして空港周辺の道路網整備。
そして、大量輸送と定時性、速達性に優れる鉄道アクセスの向上についての議論を活発化させて、具体的な整備方針が示されるように引き続き関係機関に対して強く要請していかなければなりません。
成田空港の空港本体の施設整備が着実に進んでいく中で、この3年間コロナ禍で低調であった付帯する議論についてもその遅れを取り戻す必要もありますので、県議会の場で一層訴えを強くしてまいります。

そして先ほどまで「農産物貿易の現状と日本農業」と題したオンライン勉強会に参加。
日本の農業の構造的問題、海外との結びつき、輸出戦略の在り方など、非常に参考になりました。
今後も様々な分野の情報を得る積極的な行動を心がけてまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月24日 (水)

大変お世話になった方のご逝去 今後も政治活動に邁進していくことを誓いました

こんばんは。

今日はこの時期らしい天候の1日。地元の成田市内に留まっての活動となりました。

日中は建設関係企業の関係者と意見交換。
最近の人手不足や資材高などが与えている影響などについての現状などお話を聞くことが出来ました。
民間投資のみならず、公共施設の整備にもその影響が及んでいる状況について、今後も注視していかなければならないと考えています。

その後は医療関係者と意見交換。
コロナ禍では補助金等でその運営も一時的に安定化したように見えますが、今後は再び経営的に厳しくなることが予想されるとのことでした。
県においても県立病院の”赤字”がたびたび議論されますが、私は、市民県民の命と健康を守るインフラであるという視点を常に持っていなければならないと考えています。
そのためにも単に財政的な数字のみを追うのではなく、必要な際には民間病院に対しても公的な財政出動を行うと共に、医療環境向上に資する整備に対しての財政的支援も行っていくべきです。

また、慢性的な看護師不足の問題も指摘されましたが、保健医療行政を担う後期自治体の県として、継続的に人材の育成にも取り組んでいかなければならないと感じたところです。

夕方はお通夜に参列。
大変お世話になりご指導を頂いてきた方のご逝去に悲しさがこみ上げてきました。

先の私の選挙においても様々にご支援を頂き、親身になってご心配もいただきました。
出来る限り私への支援を拡大させようと活動していただいたそのお姿は、忘れることが出来ません。
お別れにお顔を拝見し、これまでのご厚情に衷心より感謝しつつ合掌してご冥福をお祈りしました。
そして今後もご期待に添えるように引き続き政治活動に邁進して参ります。
引き続き天国からご指導を賜りますようお願い申し上げます。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月23日 (火)

成田空港の立地優位性を活かす

こんばんは。

今日は雨の一日。気温も3月に逆戻りで肌寒さを感じました。
気温の変動が激しくなっていますので、、皆様体調管理にはお気をつけください。

午前中は県庁でフリースクールを運営する方々との懇談会に参加。
それぞれ特色のある運営がなされていることを実感しつつ、その役割の重要性も改めて認識しました。
不登校児童生徒の教育機会の確保を支援するために条例制定に尽力してきた身として、今後も関係機関と連携しながら引き続き課題への対応にあたって参る所存です。

午後からは成田市に戻って畜産関係で現地視察。
その後は農事組合法人 花の生産舎組合を会場に開催されている未来アグリス(株)の展示会を視察しました。

Img_7355 Img_7357 Img_7358 成田は国際空港の立地により、その地理的優位性を活かしたビジネスの可能性が広がっています。
貴島則雄代表理事から説明を受けましたが、花きの流通や園芸ビジネスにおいても海外との近接性と国内主要都市とのネットワークが確立されていることは大きな利点であるとのこと。
そして成田は海上空港ではなく内陸空港であるため、空港周辺に活用可能な土地が広がっているということも今後の展望として優位な点であるとの事でした。

今後も国際空港の立地優位性を生かした産業の発展を目指してまいる所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月22日 (月)

「ジンギスカン発祥の地」としての挑戦

こんばんは。

今日はまず成田市内にある日本自動車大学校(NATS)を訪問。
先生方、職員の方々の前でご挨拶させていただきました。

自動車業界は電動化や自動運転など技術革新の波が大きくなってきています。
日本がこれまで世界をリードしてきた自動車大国としての地位を守れるのかどうか、人材育成という観点が重要な局面であると感じています。
また、成田地域では空港を筆頭に人材不足の懸念が大きくなってきている中で、地元の専修学校への期待は大きいものがあります。

そのような環境の中で、日本自動車大学校には自動車産業を支える人材育成の拠点として更に発展していただくことを期待しています。

その後は建設業、環境関係企業の経営者と意見交換。
続いて不動産関係の経営者と昼食をとりながら千葉県内の開発動向や成田市の課題などについて意見交換しました。
今後も民間企業の生のご意見を拝聴しながら政策の立案につなげていきたいと思います。

さて、夜は知人たちと会食。
場所は市内公津の杜にある「羊と鹿ときどき猪」というお店。
以前は「ポルチェリーノ」という人気のイタリアンのお店でしたが、オーナーである佐藤シェフが一大決心して”ジンギスカン発祥の成田”を復活できないかということで、羊肉をメインとして更にジビエも味わえるお店へと転換しました。

Img_7350 ジンギスカンの発祥については諸説ありますが、明治時代に時の政府が現在の富里市を中心とした地域に羊毛生産を目的とする牧羊場を開設し、その後隣接の三里塚地区が下総御料牧場となり、地元にも羊肉を食する文化が広がりました。

佐藤シェフは、この折角ある貴重な食文化を復活させて、成田において食のストーリーを作り、新たに目的地化を図ることで魅力ある成田をつくっていきたいとの強い思いを持っています。

そして羊肉についての事情を伺うと、最近では世界で争奪戦が発生し国内生産が弱い日本では国産羊肉の価格が高騰、輸入肉も手に入りづらくなってきているとのことです。
そこで、将来的には羊の飼育も視野に入れながら、野菜も自ら栽培して、まさに地産地消を目指した取り組みに挑んでいます

今日はこの思いに共感する仲間が集い、食べながら飲みながら成田におけるジンギスカンの可能性について意見交換しました。
地元でこのような挑戦をしている方が存在していることを嬉しく思うと共に、今後も出来得る応援をしていきたいと感じた今日の夜です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月21日 (日)

G7サミットで使用のBMWは「成田」ナンバー

こんばんは。

昨日と今日の報道のメインはG7サミット。
ウクライナのゼレンスキー大統領の電撃訪日とサミットへの参加は世界を驚かせたと思います。
G7各国のウクライナへの支援と対ロシア戦略について、改めてその結束が確認されたサミットとなりましたが、今後具体的にどのように変化していくのかさらに注目していかなければなりません。
私としても1日も早くロシアがウクライナから完全撤退し、ウクライナに平和が戻ることを強くの望むものです。

一つ気になったのが、G7サミットで各国首脳の移動に使われていた車両。
ドイツのBMWでしたが、そのナンバーは「成田」でした。

自動車大国の日本での開催ということで当然に日本車が使用されるものと思っていた中では、BMWが使用されていたことに正直違和感を覚えたところです。
ただ、ナンバーが「成田」であったことは、国際空港がある様々な要素が絡み合った結果であったのではないかと感じました。

今後も国際空港が存在する利点を活かしながら、周辺地域での産業の誘致や様々な面での利活用の促進を図っていきたいと感じたところです。

Img_7342 Img_7346 さて、今日の夕方は会長を務める成田リトルシニアの大会出場を控えての壮行会が行われました。
既に全国大会に繋がる関東連盟夏季大会が始まって熱戦が繰り広げられていますが、今年の成田市シニアはシード権を得て3回戦での初戦を迎えます。
先ずは、幸いにもホームグランドでの戦い。
しかし、強豪との試合となりますので改めて引き締めて臨まなければなりません。
一戦必勝で勝ち進み、全国大会への切符を掴んで欲しいと願っているところです。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月19日 (金)

今日は農政、航空、防災関連について現地視察や意見交換

こんにちは。

今日はまず、農地の利用についての相談対応で現地を視察しました。
様々なご相談やご要望を頂戴しますが、解決に向けて尽力して参りたいと思います。

続いて要望を頂いた箇所の確認。
現地を確認するとともに関係者のご意見を伺いました。
この件については市政に関わることでもあるため、関係者間の意向を確認しつつ対応して参りたいと思います。

午後からは航空関連企業との打ち合わせ。
最近の航空業界の動向や企業としての今後の方向性などについてお話を伺いました。
特に私としては、成田空港についてその位置づけをどのように考えているのかなどに興味が集中します。
世界から選ばれる空港として成田空港を成長させるためにも、引き続き情報収集に努めながら政策の立案とその実現に努力して参ります。

続いては防災関係の打ち合わせ。
いつ発生するかわからない様々な災害に対してどのように備えるのか、様々な視点から貴重な多くのご意見を頂戴しました。
災害リスクは常に存在しています。
自然災害のみならず、人為災害、特殊災害も想定しながらの備えを確立できるように活動していかなければならないと実感してところです。

さてこの後は、成田市役所職員の日本大学出身者で組織する「桜門会」の総会と新入会員歓迎会に出席の予定です。
今日は少し早めの更新で失礼します。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月18日 (木)

千葉県の農業団体の代表として全国の会議に出席

こんばんは。

Img_7314 今日は都内で開催された全国都市農政対策協議会の総会。
続いて昼食後は、都道府県農業会議会長会議に出席しました。

会議の中では、主に今月30日に開催予定の「全国農業委員会会長大会」に向けての「食料安全保障の確立に向けた持続可能な農業・農村を作るための政策提案」について協議。
各県代表者からは内容の修正を求めるなど様々な意見が出されました。

全国農業会議所として農林水産省に対して継続して政策提言や要望を行ってきていますが、農業現場の実情を訴えながら各地域と我が国の農業が持続的に発展できるように、その環境づくりに引き続き努めていきたいと思います。

夕方からは千葉市内に移動して政策グループの懇談会に出席。
改選後初の顔合わせともなり、新たに加わった”同志”と様々な意見交換をさせていただいたところです。

さて、県議会は6月定例議会に向けて動き出しています。
ちば自民党の政務調査会副会長を務める身として、県民の求める県政の方向性を見失うことなく政策を推し進めて、千葉県の発展に尽力して参りたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月17日 (水)

今日は医療、環境、福祉関連の1日でした

こんばんは。

今日はまず成田市内の医療施設を訪問。
最近の患者の動向や成田空港が拡張される中での医療体制の在り方などについて様々なご意見を賜りました。

空港関連の人材不足が深刻ですが、魅力ある就業環境を整える意味でも空港内従業者の方々の日々の健康管理や、急病時における適切な対応をとるためにも空港内における医療提供体制を整備しなければなりません。
また、国内外からの旅客が往来する国際空港という性格上、特に言語の対応なども考慮した医療体制が求められます。

今日頂いた貴重なご意見をもとに、新しく生まれ変わる成田空港が、働く方々にとって、そして利用する方々にとっても安全で安心した空港となるように発信して参りたいと思います。

日中は事務所にて要望対応。
少しハードルの高いご要望でしたが、当事者の立場に立って解決の可能性を探っていきたいと思います。

Img_7308 夕方は千葉市内のホテルで開催された千葉県環境保全センター創立50周年記念式典に出席。
千葉県環境保全センターは、その会員企業が主に浄化槽設備の清掃や点検という重要な役割を担っていただいています。
現在、県内には合併処理浄化槽が約55万基存在しますが、その適正な清掃保守点検が重要であり、地域の生活排水が衛生的に処理管理されなければなりません。

県内の湖沼や河川の水質改善のためにも、同センターと会員企業の皆様には、引き続き重要な役割を担っていただくことを期待しているところです。
50周年、誠におめでとうございました。

そして地元に戻り、遠山地区社会福祉協議会の定例理事会に出席しました。
新型コロナウィルスの感染法上の分類が引き下げられたことで、今年度はいよいよ活動が再開する見込みです。
これまで中止されてきた敬老会事業については、10月に開催することも事業計画の中で示されました。
またその他関係団体の高齢者支援事業も復活する見込みです。

民生・児童委員やボランティア団体などの活動には頭が下がる思いですが、私も引き続き地域の福祉向上に努めてまいる所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (2)

2023年5月16日 (火)

臨時議会 正副議長が選出されました

こんばんは。

今日は改選後初の臨時議会が招集されました。
まだ議会の運営を取り仕切る議会運営委員会が設置されていないため、各会派から選出された世話人会にて今日の議会運営の流れを決定。

9時45分からの自民党会派の議員総会にて世話人会の決定事項を座長として私から報告。
そして10時から本会議が開会し、冒頭に知事から
当面する諸問題として以下の報告がありました。

  • 最大震度5強を観測した5月11日発生の地震への対応
  • 新型コロナの感染法上の分類が5類へ移行したことで、臨時医療施設と宿泊療養施設の役割が終了
    ちなみに成田市内の2箇所の宿泊療養施設 成田ゲートウェイホテルとザ エディスターホテル成田については、6月1日からの通常営業に向けて準備が進んでいます。
    また、発熱や自宅療養者への対応として「新型コロナウィルス感染症相談センター」を設置しています。
    問合せ先 24時間(土日・祝日を含む毎日) TEL 0570-200-139
  • 成田空港について「新しい成田空港構想」の中間とりまとめが公表された中で、県としても空港周辺の産業振興を図るために土地利用に規制の緩和に取り組み、具体的な動きとして世界的な物流デベロッパーが多古町の空港近接地に進出する動きがある

続いて本会議場の議席が指定され、議長・副議長の選挙。
議長には、伊藤昌弘氏(5期 佐倉市・酒々井町)、副議長には山本義一氏(5期 八街市)が選出されました。
また、常任委員会委員が決定。私は引き続き環境生活警察常任委員会に所属します。

その後知事から5件の議案が提案され、各委員会にて審査しました。
今回の議案の目玉は、物価高騰対策の補正予算。
この中には、県独自の子育て支援として、県内在住の小中学生を対象に一律1万円を支給。
また、高校1年生についても新入学に際する負担を考慮して同様一律1万円をに給付するという内容がありました。

この子育て世帯への支援策については、給付対象の線引きなどの議論はありました。
また、財源が「千葉県災害復興・地域再生基金」を取り崩しているということについては、自民党として基金の目的との整合に留意する必要があることを指摘したところです。

再開後の本会議において、追加提案された2件の人事案件を含めてすべての議案が可決し臨時議会が閉会しました。

その後は、ちば自民党の政務調査会正副会長打ち合わせ。
当面の政策的な対応と代表質問の内容などについて協議しました。

成田に戻ってからは農業関係団体との懇談会。
土地改良区の直面している様々な問題についてなど貴重なご意見を賜りました。
引き続き関係者の方々のご意見をもとに、問題の解決に当たって参ります。

今日は久しぶりにほぼ議会対応となった1日でした。
予報によると明日は今年一番の暑さが予想され、真夏のような天気になる模様です。
気温差の大きなこの季節。体調管理にも気を付けながら活動に注力して参りますが、皆様には熱中症などくれぐれもお気を付けください。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月14日 (日)

順延となった「成田山平和大塔まつり奉納総踊り」

こんにちは。
現在16時30分。
この後の予定のため今日は少し早めの更新です。

昨日の日中は溜まっていた事務作業に時間を当てました。
夕方からは地元の防犯組織の懇親会に参加。
選挙が終わって初めてお会いする方も多かったため、「
おめでとうございます」とお声掛けいただきました。
改めて住民生活の安心安全にも尽力して参る決意です。

そして今日は午前中に自民党成田市支部の役員懇談会。
県議選が終わっての今後の対応や、役員人事について意見交換の場となりました。

今期は私自身も一層責任を負っていかなければならないと自覚しています。
他の役員の方々と力を結集して地元支部と党の発展に努める所存です。

午後からは三里塚コミュニテイーセンターで開催された「独楽の会」(こまのかい)。
日本舞踊などの団体が集まっての発表会でした。

一部、二部あわせて42の演目。
民謡や演歌などに合わせての素晴らし踊りが披露されました。
改めて日本の伝統文化の素晴らしさを認識したように思います。

Img_7297 Img_7300 Img_7303 続いては成田山新勝寺へ。
昨日から順延となった「成田山平和大塔まつり奉納総踊り」が開催されました。

成田もいよいよ「アフターコロナへ!」という雰囲気が出てきています。
特に5月はご利益があるお参り月です。
是非成田山へお出かけください。

さて、この後は自治会組織の懇親会に出席の予定です。
今週もスケジュール目白押しですが、精力的に活動していまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月12日 (金)

昨日と今日は県農業会議会長として山梨県

こんばんは。

昨日と今日は、開催された関東都県農業会議会長・事務局長会議のため山梨県に行ってきました。

初日の昨日は、成田から新宿を経由して甲府市へ。
駅近くの会場で開催された会長・事務局長会議では、
コロナ禍、ウクライナ情勢、異常気象、人口減少などの大きな変化の中で、農業を取り巻く状況にも大きな影響がもたらされている中で、今後の農業政策の方向性などについて幅広く意見交換されました。

Img_7278 特に農地法の改正により農地取得の「下限面積要件」が撤廃されたことについては、今後の影響が心配される意見が出されました。
私もこの点については千葉県内の動向が気になっているところであり、「農地の適正利用」という観点からも注視して参りたいと思います。

また、農業委員会や中間管理機構の役割と組織の在り方についても、国の議論の方向性や全国の取り組み事例などについて意見交換がなされました。
様々な議論が継続的に展開されていますが、私としては、農地に関する重要な事務を担う農業委員会とその事務局の重要性を認識しながら必要な対応を求めて参ります。

2日目の今日は視察研修。

先ずは農業参入法人の状況として、北杜市内の醸造用ぶどうのほ場を視察しました。
山梨県は、関東の中で最も年間を通して1日の気温差が大きい、日照時間が長い、雨量が少ないという特徴があります。
この利点を活かして、法人の農業への参入事例を見ることが出来ました。
また千葉県内の某有名企業も山梨県に進出している事実もあることから、物流の条件だけでなく気象条件が大きな要素であることを改めて感じた次第です。

Img_7289 Img_7281 Img_7284 続いては、広島市に本社を置く(株)村上農園の「スーパースプラウトファーム」。いわゆる植物工場です。
ここでは、解毒作用や抗酸化作用に効果がある“スルフォラファン“を多く含む「ブロッコリースーパースプラウト」の生産がが効率よく行われていました。
私は個人的にも植物工場の可能性に期待を寄せていますが、日本農業の様々な可能性を改めて垣間見ることが出来た有意義な視察となりました。

今後も引き続き近隣都県の方々と議論し、そして意見交換しながら農業の課題に取り組み、産業として発展するように努力を続けて参る所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月10日 (水)

今日も1日忙しなく

こんばんは。

今日は先ず空港関係の打ち合わせ。
「更なる機能強化」によって第2の空港づくりが進む中で、周辺地域に密接にかかわりのある内容が当該地域に知らされないままに進む恐れがあります。
過去のように空港建設のみに突き進むことは絶対にあってはなりません。
四者協議会の合意に至るまでに、騒音下住民からは様々な御意見が寄せられてきました。
空港会社NAAには、空港の発展を目指す上で地域との信頼関係を壊すことのないように対応を求めてまいります。

Img_7275 Img_7274 続いては、成田市本三里塚に開設された外国人技能実習生の研修センター「成田まなびの里」の開校式に出席。
関係の方々を前に挨拶させていただきました。

現在、空港はもちろん、地域経済を支える人材確保が大きな課題です。
外国人技能実習制度の問題点が指摘され、いよいよ新たな制度の創設も検討が始まりましたが、労働の場としても世界から選ばれるNARITAを目指して参ります。

Img_7273 午後からは千葉県農業者総合支援協議会の通常総会に出席。
千葉県では、関係機関が連携して農業者総合支援協議会を組織し、総合支援センターを運営しています。
これは全国的にも先進事例であり、担い手と労働力の確保、経営改善支援、農作業安全対策、法人化支援などについて、関係機関がワンフロア・ワンストップ体制で相談対応に当たりながら、農業所得の向上と算出額の増加を目指しています。
農業を取り巻く状況は課題が多い現実もありますが、千葉県の基幹産業として力強く発展する農業を確立するための活動に注力して参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月 9日 (火)

初登庁日 いよいよ任期が本格スタート 

こんばんは。

今日は選挙後の初登庁日。
実際には既に何度も登庁していましたが、始めて公式な会議である全員協議会の開催です。

議会等入口で登庁を示す表示板のボタンを押し、新しいき章(議員バッチ)を付けていただき、顔写真の撮影。
その後自民党会派の控え室に入りました。
控え室も久しぶりに活気がある雰囲気で、いよいよ任期が本格的にスタートしたという実感を覚えたところです。

10時から全員協議会。
知事から挨拶があり、執行部側の紹介、議員の紹介が行われ、先ずは議会運営委員会が設置されるまで議会運営に関わる事項を決定するための世話人会が設置されました。
私も自民党から世話人として選出され座長となり、臨時県議会の議事日程や提案される議案の確認、会派の構成、本会議場の議席と控え室の配置、
議会運営委員会や各常任委員会委員、各種審議会委員の選出等について調整、協議を行いました。

その後は各担当課や他の議員との打ち合わせが続き、16時前に退庁という1日でした。

来週16日(火)に召集される臨時議会へ向けて準備が進められていきますが、まだまだ調整しなければならないこともあります。
引き続き必要な対応に当たってまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月 8日 (月)

臨時議会に物価高騰支援策が提案されます

こんばんは。

GWが終わって今日から日常に戻った方が多かった月曜日だったと思います。
私も明日の全員協議会を前に、自民党会派の議員総会に出席しました。

Img_7267 知事からは、16日の臨時議会で提案する予定の議案の説明がありましたが、議員改選後の臨時議会では過去に例のない規模の補正案が提案されます。
補正予算の規模は、209億2,900万円。

主な内容は、令和4年度にも補正予算で対等してきた物価高騰対策です。
現在も物価の高騰の影響は続いているため、継続した支援が求められてきたところですが、昨年度に引き続いて国の交付金を活用して農業者・漁業者、医療機関、社会福祉施設等に対して支援を行います。

更に今回は新たに、以下の支援策が含まれます。

  • LPガス利用世帯に2,400円
  • 特別高圧受電の中小企業に4〜8月:3.5円/kWh、9月:1.8円/kWh

それからもう一つ。

  • 県内の全小中学生と高校1年生を対象に1人1万円を支給

これは、千葉県独自であり財源も県の基金を活用します。

なお、高校生は1年生のみとした理由について、新入学で教材や制服購入などの負担を考慮したものです。
その他にも議案が提案される予定ですが、16日の臨時議会で決定する見込みです。

さて、一昨日の吹いた暴風により、私の地元地域では一部で作付けした農作物に影響が出ているという情報を頂きました。
具体的には県としても今年度ブランド化を目指して力を入れているサツマイモ。
ちょうど苗を植えるこの時期に暴風が吹いたため、サツマイモの育成と品質保持に欠かせないマルチシートが飛ばされ、また苗にも影響が出ているということです。

早速県と市の担当課に連絡しましたが、どちらもその被害については「大きなものではない」との認識でしたので安堵していますが、農業現場の実態についてしっかりと把握するようにお願いしたところです。

Img_7268 夕方には、地元の鍼灸マッサージ師会の役員の方々と小泉成田市長を訪問。
良質で適正な施術環境のための施策についてご意見を頂きました。

成田市では、市内在住60歳以上で希望者の方に年24回まで、1回あたり1,000円を助成するマッサージ利用券を交付する制度がありますが、今後の超高齢化社会を見据えて医療費の削減や介護度の進行抑制に寄与して欲しいと考えています。
そのためにも施術院との連携が重要であり、またマッサージ利用券の適正な利用も求めて行かなければなりません。

今後も市民、県民の健康増進にどのように取り組んでいくのか、私自身もより注力していきたい分野です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月 7日 (日)

GWも終わり、明日から議会活動が本格始動 

こんばんは。

今日でゴールデンウィークも終わり。
最終日の今日は雨模様の一日となりましたが、皆様それぞれの連休をお過ごしいただいたことと思います。
私もイベント等への出席などはありましが、比較的時間に余裕を持つことが出来た今年のGWでした。

最近、お会いする方々から「疲れは取れましたか?」とよく聞かれます。
よくよく聞いてみると、選挙の際には”相当疲れた顔をしていた”そうです。
私自身、確かに体力的にも精神的にも疲れがあったのは事実ですが、周りの方々からの目には私が感じていたよりも疲労感がにじみ出ていたということのようです。

選挙が終わって1ヶ月が経過しまいた。
お陰様で体調も良好。気力も十分です。

さて、今日は雨のために外出の予定に変更もあったため、久しぶりに普段着での1日となりました。
日中は長男のリクエストで何年ぶりかのボーリング。
下手くそ同士の親子でしたが、有意義な時間を過ごすことが出来たと思います。

いよいよ明日から議会関係の活動が本格始動します。
改選後初の自民党会派の総会も予定されています。

私の4期目が本格始動する明日。
スケジュールもタイトですが精力的に臨んで参りたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月 6日 (土)

プロ野球イースタンリーグ 成田スカイシリーズ

こんばんは。

今日は強風で悩まされた方も多かったのではないでしょうか。
成田空港では、離発着に影響があり、A滑走路への着陸を回避した飛行機が急上昇しながら我が家の上空を飛んでいました。
事故がなく何よりではありましたが、年に数度、風に悩まされる成田空港の特性が出ていた今日の強い風です。

さて、やはり強い風に悩まされたのが屋外でのイベント。
地元では、プロ野球イースタン・リーグ公式戦 第16回 成田スカイシリーズ、千葉ロッテマリーンズvs読売ジャイアンツの試合が行われました。
強風の中で土埃が舞い上がる中でしたが、多くのプロ野球ファンがナスパ・スタジアムに駆けつけてくれていました。

Img_7265 Img_7260 始球式では、ピッチャーに小泉一成市長、バッターにはNAA岩澤弘取締役、そしてキャッチャーには何と、成田市そして成田高校出身の唐川侑己投手が登場。
地元成田での開催に花を添えてくれていたと思います。

試合は8回まで1対1でゲームのながらもどちらに傾くかわからない状況でしたが、巨人が9回表に2点を追加。結果的には巨人が3対1でロッテに勝利。
試合を主催した千葉ロッテマリーンズ成田後援会としては、同じくデーゲームでZOZOマリンスタジアムで開催された1軍でもソフトバックに敗戦という1日。
残念な結果ではありましたが、明日からにまた期待をしたいと思います。

夜は支援者との会食。
選挙の結果や今後について様々な御意見をいただきました。
改めて力強いご支援をいただいていることの感謝するとともに、ご期待に添わなければとの思いを強くしたところです。
引き続き頑張ってまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月 5日 (金)

こどもの日 

こんばんは。

今日はこどもの日。
一斉に少子化の現状が報道されました。
何しろ42年連続して子供の数が減少しているという事実に、今後の国家の持続性や地域の発展に誰もが危機感を抱くのではないでしょうか。

政府においては、ようやく少子化対策に重点を置いた議論が本格的に始まっていますが、子供の減少に歯止めをかけることは容易ではありません。
地方自治体では、子育て世代の取り込み施策の充実を図っています。
それはまさに自治体間の「若年世代獲得合戦」の様相も呈している中で、子育てや教育面においての自治体間格差の広がりは新たな問題としてとらえる必要もあります。

基礎自治体の自主的かつ独自性を阻害することなく、国としてまた広域自治体の県として果たすべき役割を明確にして各種施策を展開していく必要性を改めて強く感じています。

さて日中は、公津の杜公園で開催された「KOZU MIRAI FES 2023」(主催:ひかり輝け!公津商店会)に出席しました。
成田市内でも発展著しい、公津の杜地区らしく大変な賑わいであったと思います。
参加者も広範囲から訪れていたようで、GW連休の近場のお出かけスポットともなっていたのかもしれません。

000152836 一つ感じたこと。
それは、今日の会場となった公津の杜公園がイベントに適しているということでした。
駐車場の問題はありますが、新たに市が設置した複合遊具も大変人気があるようです。
是非今後も公園の環境を充実させて、様々なイベントにも対応できる公園として発展するように整備を進めて欲しいと感じたところです。

私も、子供たちの笑顔が見える都市環境の整備に努めてまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年5月 3日 (水)

76年目の憲法記念日 憲法改正の必要性について

こんばんは。

今日は憲法記念日。
1947年に施行されてから今年で76年となりました。

日本国憲法は、この間一度も改正されたことはありません。
しかし、世界情勢や安全保障環境、社旗構造と国民生活などあらゆる面での変化があり、76年前にアメリカ主導で作成された現行憲法が現在の状況に照らして対応できているのか、という疑問を抱いています。

ちなみに国会図書館の調査によると、第2次世界大戦が終結した1945年から2022年までの世界の国々における憲法改正回数は以下のようになっています。

  • アメリカ6回
  • カナダ19回
  • フランス 27回(新憲法制定を含む)
  • ドイツ 67回
  • イタリア19回
  • オーストラリア5回
  • 中国10回(新憲法制定を含む)
  • 韓国9回

諸外国の改正回数を参考例にした単純な比較論はふさわしくないことですが、他の国々では憲法の改正や新憲法の制定が必要に応じて行われているという事実は理解しておくべき点かと思います。

私は、その時々において憲法解釈の論争が幾度となく発生してきたこと、またGHQ草案を日本語訳したために特に前文においては日本人が自らが理解しづらい表現と文章構成になっていること、そして我が国の防衛と国民の生命財産を守っている自衛隊の存在が”違憲”であると主張する学者等も多数いることなどらも、憲法改正の必要性について国民が広く理解し、議論をする環境づくりが求められていると考えます。

憲法記念日の今日、皆様にも改めて憲法改正の必要性について考える日となっていただきたいと願うところです。

千葉県議会議員 小池正昭

 

 

| | コメント (0)

2023年5月 2日 (火)

市内各所で意見交換の1日

こんばんは。

今日はこの時期らしく過ごしやすい天候の1日でした。
明日以降は初夏を思わせる陽気になるとのこと。
GWもいよいよ本番で5連休という方も多いことと思います。
皆様、是非素晴らしいGWをお過ごしください。

さて、今日も成田市内各所で意見交換などの1日となりました。
農業関係や物流関係、地元の団体の運営などについて、様々な情報を頂くと共にご要望もありました。
しっかりと対応してまいりたいと思います。

気になることもありました。
「成田空港の更なる機能強化」というまさに”第2の空港づくり”が進んでいますが、この決定の過程では周辺地域の住民の方々から多くのご意見やご要望をいただきました。
当時の地元説明会の場では、国、県、市町と空港会社NAAの職員が出席し、住民の切実な思いを真摯に聞いていた姿がありました。

最終的に地元市町の首長は、「地域の発展のためにも空港の機能強化を進めることが不可欠である」との認識のもと、国、県、NAAが地域づくりにも真摯に取り組むことを確認して、更なる機能強化について四者協議会の場で合意しました。
私も、過去のように空港建設のみが進められるのではなく、地域振興策も同時並行的に行っていかなければならないとの認識に立ってこれまで主張してきています。

しかしながら、空港に隣接する私の地元地域においても空港関連の様々な動きが出ているのにもかかわらず、全く情報が伝達されていない現実があり、地元地域への配慮や丁寧さを欠いた対応が見受けられるようになっています。
結局のところ、過去と同じように空港建設のみが先行し、地域振興策が遅れる、あるいは反故にされる懸念まで生じてきている現実があります。

このような状況に県議会に議席をいただいている立場として、関係機関に対して明確に問題点を指摘するとともに、誤りがあるのであれば軌道修正を求めなければなりません。
新たな任期のこの4年間、空港づくりにとっても地域づくりにとっても非常に重要な時期を迎えていますので、責任ある対応をして参る所存です。

千葉県議会議員 小池正昭 

| | コメント (1)

2023年5月 1日 (月)

弘法大師ご誕生1250年記念大祭が行われている成田山新勝寺を参拝

こんばんは。

今日から5月。
1か月前の選挙戦真っただ中とは全く異なる時間の流れですが、県議会が本格的に始動する前の様々な動きに慌ただしさも感じているところです。

さて、連休の谷間の今日は、成田市内の車の流れも少ないように感じました。
各所の観光地では、このGWの人出が期待されています。
お陰様で私の地元成田にも賑わいが戻ってきました。
午前中に成田山新勝寺を参拝しましたが、この期間は「弘法大師ご誕生1250年記念大祭」(4月28日~6月18日)が奉修されています。

成田山周辺の今日の人出は若干落ち着いていましたが、明後日3日からの連休がまさに書き入れ時となりそうです。
連休終盤の天気が悪い予報もありますので、お詣り月の5月、是非新緑の成田にお越しください。

午後からは自民党関係の打ち合わせ。
その後は農業関連と空港関連の打ち合わせとなりました。

成田周辺では様々な動きが出てきていますので、多くの情報を得ながら自身の政策の実現に努力して参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »