« 今日から成田祇園祭 | トップページ | 成田空港の重要性 他の議員にも理解してもらうように努力 »

2023年7月10日 (月)

道路や歩道等に毎年繁茂する雑草の問題

こんばんは。

梅雨が明けたかのような暑さが続いています。
地元成田では昨日まで、成田祇園祭で熱い3日間を過ごしました。
多くの人々で賑わった令和5年の成田祇園祭。
この勢いを成田の活力に変えていきたい、そのように感じた熱気ある3日間であったと思います。

さて、毎年この時期に気になるのが県管理の道路や歩道に繁茂する雑草。
都市部ではそれほど気にならないかもしれませんが、県内の広い地域で除草が追い付かず交通や歩行等に支障が出ています。

この件については過去に議会で問題として取り上げましたが、抜本的な対策は講じられていません。
結局のところ、道路を管理する予算を大幅に確保しなければなりませんが、千葉県の財政事情により対策が後手になっている状況です。

最近では一定の土地の面積がある場合、物理的に雑草が繁茂しないように防草シートを敷く方法がとられ始めました。
県管理の未利用地や道路用地の管理方法として有効な手段の一つですので、更に対応を広げて欲しいと思っています。

ただし、道路や歩道等においては、コンクリートやアスファルトの隙間から雑草が発芽し、また吹き溜まった土等が長年撤去されないため、表面の草等を一時的に除去しても直後に草が伸びてくる、まさに”いたちごっこ”の状況にあります。

そのため、この吹き溜まった土等を定期的に撤去する必要がりますが、千葉県は道路清掃を実施していないため長年にわたって道路脇や歩道と車道の間等に土等が堆積している状況にあります。

私としては、この状況を改善するためにも道路清掃を行う専用車両等を利用して、良好な環境を維持することを求めています。
当然にコストがかかることとなりますが、良好な道路環境を維持して、交通安全対策にも留意しなければなりません。

引き続き県民の皆様が利用し、また県外、そして海外からも訪れる人々にとっても清潔で安全な道路環境を維持するように求めていきたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

|

« 今日から成田祇園祭 | トップページ | 成田空港の重要性 他の議員にも理解してもらうように努力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日から成田祇園祭 | トップページ | 成田空港の重要性 他の議員にも理解してもらうように努力 »