« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月31日 (日)

今年一年の感謝を込めて

こんばんは。

間もなく今年が終わります。
振り返れば、昨年末の成田市長選挙が終わり一週間足らずで新年を迎え、慌ただしい中で今年のお正月を過ごしました。
そして私自身の選挙戦への準備に入りましたが、告示まで2か月を切ったところでほぼ確定していたと思われていた立候補予定者に変更が生じ、新たに名乗りを上げる方々が出るなど目まぐるしく変化した2月でした。

そして2月定例議会に突入して、3期目の任期最後の議会も一般質問に登壇。
会期の後半は、議会運営委員会副委員長として予算委員会対応に追われつつ、3月に入り選挙戦へ向けて初めて総決起大会を開催するなど臨戦体制に入りながら、3月31日の出陣式を迎えました。

私にとって16年ぶりとなった選挙戦は、短くも長くも感じましたが、多くの方々のご支援をいただき選挙事務所を運営していただき、選挙戦最終日までの9日間、運動を続けることができました。
そして迎えた4月9日の投票日。
開票の結果、16,732人の方々から貴重な一票一票をいただき4期目の当選を果たすことができました。

以来約9か月あっという間の日々でしたが、成田空港に関することをはじめ、地元成田市の発展と千葉県の成長、そして市民・県民の皆様の生活の向上と何よりも将来へ向けて希望の持てる環境づくり等について、選挙戦で私が自ら訴えたことを実現するために努力を重ねてまいりました。
しかしながらその努力はまだまだ足りず、政策の実現のためには、今後なお一層の努力を傾注していかなければならないと実感しながらこのブログを更新している今日、令和5年の大晦日です。

ここに、改めて皆様方にこの一年お世話になりましたことに対して心から感謝すると共に、明日から始まる新しい令和6年に向けて、引き続き精力的に活動していくことをお誓い申し上げ今年締めくくりの投稿とさせていただきます。

本年一年、お世話になりありがとうございました。
そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (1)

2023年12月29日 (金)

ジェットスター・ジャパン ストライキの影響

こんばんは。

昨日で御用納めとなり、成田市内の道路の交通量も普段よりも少なく感じました。
一方で、年末年始の”大
移動”が今日か始まり、成田空港では混雑が見られた模様です。

そんな中で気になるのが成田空港を拠点とするジェットスター・ジャパンのストライキによる欠航便の発生。
労働組合が未払賃金の支払い等
を求めて今月22日からストライキが実施され、予定では1月7日まで継続されるとのことです。

世界的に見れば航空会社のストライキは珍しいものではなく、ストライキによって航便が発生した事例は多くあります。
しかし日本においてはこれまで、航空機輸送が公共性を持った重要な交通インフラであるという視点からも、労使交渉によって直前に妥結する、あるいは何とか欠航便の発生を回避させるなどの対応が主流であったと思います。

今回のストライキ突入への詳細な要因についてはわかりませんが、この年末年始で輸送量が普段よりも多い時期で、予定されているストライキ期間が12月22日から1月7日の冬休みであるため、欠航便発生の影響は非常に大きいと感じています。

そして私個人的には、成田空港の国内線LCC各社の利便性がようやく評価され、コロナ禍からも順調に旅客が回復してきた中で、成田空港発着国内線の信頼度を低下させる要因とも捉えられてしまうのではないかとの心配もあります。

今回のストライキ突入の詳細な要因や現段階の労使交渉の内容についてはわかりませんが、ジェットスター・ジャパンを度々利用する立場としても、早期に通常運航となることを期待し、成田空港を利用する方々の利便性が損なわれることがないように望むばかりです。

ジェットスター・ジャパンを利用する予定の皆様には、明日以降の各便の運航や欠航便への対応などについて事前のご確認をお願いいたします。

さて、今年も残すところあと2日。
何とか今年中にやらなければならないことも明日中に終わる目処が立ってきましたので、少しづつ新年を迎える我が家の準備にも時間を割いていきたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (2)

2023年12月27日 (水)

土木事務所と打ち合わせ そして航空関係企業とも懇談

こんばんは。

今日は午前中に成田土木事務所の職員と打ち合わせ。
懸案となっている内容等についてその進捗などの報告を受けました。
その一つに地元の三里塚交差点の交通安全対策を含めた改良計画がありますが、この
改良計画は、25年前にも一度、地権者や地元関係者と協議を行いました。
その際、一部から強い反対の声があがり結果的に事業を断念した経緯があります。

しかしながら、成田空港の更なる機能強化も見据えて空港周辺の道路体系を見直すと共に、既存道路の問題解決にもあたる必要があると判断し、改めて事業の必要性を訴えてきました。
その後、県としてもその必要性を認識し、慢性的な渋滞の解消と交通安全対策の必要性から、右折車線と歩道の設置も含めた計画を進めています。
当該箇所は家屋が連担していることもあり課題の多い事業であることは認識しつつも、今後の空港整備を睨みながら必要な対策を実施していく必要があると考えていますので、早期の事業化が図られるように行動して参ります。

それから航空関係企業の役員とも懇談がありました。
世界の航空環境、戦略的空港づくりの必要性、昨今の人材不足への対応、SAF(Sustainable Aviation Fuel 持続可能な航空燃料)の導入など、様々な視点からお話をお聞きしました。
成田空港の今後の動向は、私の地元地域のみならず、千葉県、ひいては日本の成長にも関わることでもあるため、引き続き広い視野を持って関係の方々と連携し、政策の実現を推し進めていかなければなりません。
今後の空港づくりで必要なのはある種の”挑戦”。
既成の概念にとらわれず関係機関との連携を一層強化して、世界に誇れる成田空港づくりを推進して参ります。

今年も残すところ4日。
正月を迎える準備に手が回らないここ数日ですが、年末らしさを感じながら活動して参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

 

| | コメント (0)

2023年12月26日 (火)

サツマイモ農家の皆さんと交流

こんばんは。

年の瀬で何かと時間に追われるここ数日です。
ブログを更新しない日もありますが、ご容赦いただきたいと思います。

昨日は航空関連の打ち合わせがありましたが、成田空港を利用する年末年始の旅客便を伺うと順調に回復してきているとのことでした。
国内線は既にコロナ禍前を上回っていますが、国際線も特にインバウンドが堅調とのこと。
あとはアウトバウンドの回復に期待していますが、予想通り羽田の方が回復基調が鮮明となってきている点は気になるところです。
円安基調に一服感が出て、今後は円高に振れてくるとの予想が多くあることから、来年はアウトバウンドの回復を期待しています。

そして今日は、成田市内で主にサツマイモを生産する農家の方々との交流があり、様々な意見交換をさせていただきました。
今年の猛暑の影響で、サツマイモの品種の一つ「シルクスイート」で空洞ができる被害が報告されていますが、地元の農家でも同様の傾向であったとのことです。

また農業に関して様々なお話をお聞きしましたが、新品種の開発や品種改良がどんどん進む中で、農家がその品種の特性や栽培上の留意点などを十分に理解できない現実もあることを指摘されました。
特に例年とは違って特異な天候への対応について十分な情報も得られていなかったとのことで、今年の少雨と猛暑への対応が適切に取れなかったとのことです。

農作物の温暖化への対応について議会でも取り上げましたが、徐々に産地が北上しているなど様々な変化に対しても戦略的に対応する必要性を訴えていきたいと思います。
また、畑作の中でサツマイモ農家は、比較的安定的な農業経営が行われていると認識していましたが、やはり後継者不足は例外でなく今後への不安があることを再認識したところです。

引き続き農業の重要性を訴えつつ、地元の重要な産業として発展するように取り組んでいく所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月24日 (日)

この土日も市内各所へ

こんばんは。

昨日と今日はこの時期らしい寒さでした。
そして今日はクリスマスイブ。成田の街は、随所に年末らしい雰囲気も感じつつ、新年を迎える準備が進んでいます。

Img_9506 Img_9505 Img_9504 さて、昨日は成田市内の教育活動団体「もりのこびとたち」が成田市坂田ヶ池公園で開催した「にじいろのもりクリスマスバージョン」を見学させていただきました。

学校とは別に、子供たちの交流の場や活動を支援する団体は多く存在しています。
その中で成田市内の「もりのこどもたち」は、親も子も楽しみながら共に成長する場として25年間活動してきています。

今日のイベントは、屋外で朝から夜までの長丁場。
それでも多くの子供たちが生き生きと笑顔で楽しみ、また保護者も日常とは全く異なる時間と経験を子供たちと、また親同士で楽しそうに過ごされているのがとても印象的でした。
そしてその随所に教育的な視点が配慮されていて、自然の中である意味”贅沢な時間”を過ごしているという感想を持ちました。

飛び入りの私にも手作りクッキーと焼きリンゴを頂きましたが、各ご家庭の保護者の方々がとても明るく、そして率先してお声がけを頂いたこと、子育てをする親への教育も実践されていることが窺い知れたように思います。
学校教育が常に変化し、地域や民間団体の存在が益々重要となってきている昨今です。
私も「もりのこびとたち」から様々な教えを頂き、必要な教育政策を推し進めて参りたいと思います。

夜はお通夜に参列。
その後は忘年会にて多くの方と懇談の機会を頂きました。

そして今日はまず、本城小学校区健全育成協議会の「まきの子レクリエーション」。
コロナ禍前は体育館での映画鑑賞を行っていましたが、今日は成田市スポーツ推進委員連絡協議会が「ミニバレーボール」をアレンジして考案した「うなバレー」で楽しみました。
身体を動かした後は特性の豚汁。
冬休みに入った子供たちの貴重な交流の場となっていたと思います。

夕方は会長を務める成田リトルシニアのグランド納め。
今日で今年のリトルシニアの活動も終わりましたが、振り返ると3年生が活躍してくれた1年であったと思います。
一方で、様々な出来事もありました。
そのためグランド納めの後は、チームスタッフで今後の運営についてミーティング。
より良いチーム環境となるようにスタッフ一丸となって取り組んでいくことを確認したところです。

今年も残すところあと1週間。
あっという間に過ぎ去っていく師走を感じていますが、やり残すことのない令和5年、2023年となるように活動を続けて参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月22日 (金)

ちばコラボ大賞表彰式

こんばんは。

今朝はこの冬一番の寒さ。
自宅の庭のバケツの水が凍っていました。
北海道から東北、北陸、山陰、九州まで、広い範囲に大雪をもたらしている今回の寒波ですが、ピークは過ぎつつあり明日は徐々に回復に向かう見込みです。
そして24日のクリスマスイブは、関東地方でも穏やかになるとの予報が出ています。
この後、暖冬の傾向は続く予報ですが冬本番は確実に近づいていますので皆様どうかご自愛ください。

さて今日は、午前中は事務作業。
主に来月発行を予定している「県議会リポート」の校正作業に時間を当てました。

午後からは千葉市内で開催された「ちばコラボ大賞」の表彰式に出席しました。
「ちばコラボ大賞」は、NPO、各種法人、団体、学校、企業、行政等が連携して、地域における課題解決等に貢献した事例を募集して、他のモデルとなるような優れた取組事例を「ちばコラボ大賞(千葉県知事賞)」として平成22年度より表彰しています。

今年度は27件の応募の中から、以下の2件が表彰されました。

一つは、「環境保全・子どもの健全育成」分野で、株式会社シブヤ、かとり農業協同組合、合同会社キュービックプランニングによる、「食べて応援!SDGs一口やきいも」~食品ロス削減 規格外野菜が美味しく変身!~。

Img_9496 もう一つが、「福祉(障害)・スポーツ」分野で、NPO法人成田スポーツアカデミー、成田市・成田市教育委員会、千葉県障害者スポーツ・レクリエーションセンター、公益財団法人ノエビアグリーン財団、千葉県障害者フライングディスク連盟、日本スポーツウェルネス吹矢協会富里支部、市原ボッチャクラブ、一般社団法人SLDIによる、「パラスポルト大会」~パラスポーツをやってみよう~。

ちなみに今日の表彰式は、私が成田スポーツアカデミーの理事を務めているため被表彰者の一員としての参加でした。
そのため予定では表彰式のみ出席のつもりでしたが、農業振興の観点から、株式会社シブヤさんの取り組みに興味を持ち、急遽予定を変更して事例発表を拝聴しました。

農業の重要性は理解されていても、気候変動、資材高、人手不足など、農業を取り巻く環境は依然として厳しい状況にあるため、様々な取り組みを実践していかなければなりません。
そのような中で、異種分野の人や団体等がコラボして新たな取り組みを実践していく重要性を感じています。

今日の事例発表の中にも様々なヒントがありましたので、今後の私自身の農業政策にも生かして参りたいと感じたところです。

夜はサッカー協会の役員との忘年会。
楽しい時間を共有させていただき、また競技環境の充実に関して貴重なご意見も賜りましたので、今後の活動に生かして参ります。

今年も残すところ10日を切りました。
毎日があっという間に過ぎ去っていく師走の後半、限られている時間を大事にそして有効に使って活動を続けて参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (1)

2023年12月21日 (木)

食肉センターの再編と成田空港の機能強化について

こんばんは。

今日の日中は主に事務所での書類整理と来訪者の対応でした。
これまで議会が続いていたために多くの打ち合わせなどをこの年末に設定させていただきました。

昨日は、自民党県連で養豚関係団体と意見交換したばかりでしたが、今日の打ち合わせの中でも畜産関係についてがありました。
具体的には、食肉センター(と畜場)の再編に関するものですが、現在、千葉県内にある食肉センターを再編、統合する計画が進められています。

食肉の流通に欠かせない食肉センターですが、その規模や設備、立地などを総合的に判断し、畜産業の振興に資する施設でなくてはなりません。
ただし、都市計画法や建築基準法の厳しい規制があり、また特に水の使用や排水設備についても条件があるため、その立地については慎重な検討が必要となります。
一方で、県内の食肉センターは、既に老朽化も指摘されていることなどからも早期にかつ具体的な検討に入る必要がある段階となっています。

この千葉県内の食肉センターの再編・統合問題において、先ずは成田市内にある既存の食肉センターが対象となることから、これまで継続的に関わってきていますが、引き続き千葉県の畜産業の振興のためにも関係者の方々と連携しながら努力を重ねて参る所存です。

それから今日は、成田空港の関係についても来客があり、いくつかのご要望を頂戴しました。
特に、NAA空港会社が新たに用地の買収手続きを進めている関係で、最近は、対象地域とその周辺から様々なご意見も頂戴しています。

現在進めている成田空港の更なる機能強化は、約1,000haもの敷地を買収するという全国的にも稀な巨大国家プロジェクトでもあるため、常に問題も発生している現実がありますが、関係される方々から寄せられるご意見などに対しては丁寧に対応し、用地取得が順調に進むように対応する必要があると考えています。
引き続き地元の議員として、必要な役割を担ってまいります。

夕方からは懇談会のため東京都内へ。
その場でも成田空港の重要性を改めてお話しし、国政レベルにおいての課題解決を訴えました。
一朝一夕には解決できない多くの課題があることを認識しつつも、成田空港が我が国の国際線基幹空港として世界の舞台でその地位を高め、あわせて国際空港の立地を活かした産業形成を目指して引き続き精力的に発信して参る所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月20日 (水)

自民党県連で大祓

こんばんは。

昨日議会は閉会しましたが、今日も県庁へ。
打ち合わせの後、自民党千葉県連にて「大祓」。
「大祓」(おおはらえ)とは、我々日本人の伝統的な考え方に基づくもので、常に清らかな気持ちで日々の生活にいそしむよう、自らの心身の穢れ、そのほか、災厄の原因となる諸々の罪・過ちを祓い清める。(神社本庁の記述を抜粋)
合わせて神官によって、来る新年における自民党県連の発展を祈祷していただきました。
改めて年の瀬を感じた行事です。

その後は水道広域化に関する打ち合わせ。

Img_9473続いては、自民党県連にご挨拶に来られた「ナイスポークチバ推進協議会」の役員の皆さんと懇談。
阿部幹事長と共に養豚現場の現状などをお伺いしました。

養豚の現場では、飼料高等により大きな影響が出ています。
これに対して千葉県では、畜産農家の経営維持と安定のため畜産飼料価格高騰緊急対策事業を予算化して支援しています。
また、昨日は補正予算が可決しましたが、新たに「肉畜経営支援緊急対策事業」としてと畜検査を実施する食肉センターに対して電気料金の一部を支援することも決定しました。

来年以降の畜産を取り巻く状況は見通せませんが、飼育頭数で全国5位を誇千葉県の養豚業を支え、更に発展させるため引き続き力を注いで参る所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月19日 (火)

12月議会が閉会 予算委員長に就任

こんばんは。

12月定例県議会が今日で閉会しました。
今回は2度目の代表質問に登壇し、知事はじめ県執行部に対して地元の成田空港関連の問題をはじめ多くの質問を行いました。
その中で、知事から提案された「千葉県多様性が尊重され誰もが活躍できる社会の形成の推進に関する条例」についても取り上げました。

様々な価値観を持つ人々が共に生活し個々を認めて共生するために、”多様性”を尊重することの意義は大きいと考えています。
一方で、今回提案された条例案は”理念条例”ですが、明記された”性自認”については、県民の間に様々な懸念や心配の声が寄せられてきました。
そのため自民党会派としては、県民が不安や懸念を抱くことのない配慮が必要であること、そして今後の県政の施策展開においては、議会と丁寧な議論を行うこと等を知事に対して申し入れました。

また、自民党会派内でこの条例の扱いを中心的に議論してきた政務調査会としては、女性の安全が脅かされるという意見も多数あったことなどから、国の必要な法整備を求めると共に県に対しても必要な対策と対応を求めていくこととしました。
結果的に、自民党としては条例案の議案については”賛成”することが決定され、私もその決定に従って賛成し、条例案は賛成多数によって可決成立しました。

自民党としては、条例の成立を受けて知事がどのように予算を編成するのか、また具体的にどのような施策を行うのか、引き続き監視していくこととしています。
私自身も引き続き責任を自覚して、県の今後の対応を注視して参る所存です。

本会議が終わってからは、新たに組織された企業誘致を促進する議員連盟の設立総会。
続いて、予算委員会に臨みました。
今日の予算委員会ではまず、委員長と副委員長の選出が行われ、私が委員長に選出されました。
自民党会派のみならず、多くの議員の皆様からご推挙を頂いたことにこの場を借りて感謝申し上げます。

その後、予算委員会の理事会で委員会の運営方法などを決定しました。
尚、予算委員会は、令和6年3月4日、5日、6日の3日間の予定で、初日の3月4日は知事が出席して総括審議を行うこととして、千葉テレビ放送による生中継が予定されています。
近くなりましたら詳細についてご案内いたします。

Img_9471 その後は、千葉市内で開催された政策グループの懇親会。
成田に戻ってからは、成田ライオンズクラブのクリスマスチャリティーパーティー、続いて「成田空港と地域の繁栄を目指す有志の会」の忘年会に出席しました。

慌ただしかった議会から離れて、多くの方々とまさに”多様”な意見交換に恵まれた今日の夜です。
今年も残すところ12日。
押し迫ってくる中で焦りも感じつつあるところですが、大晦日まで走り切っていきたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

 

| | コメント (0)

2023年12月17日 (日)

今日は各イベント等へ出席の1日でした

こんばんは。

今日は成田市内の各イベントへ。

Img_9428 Img_9434 Img_9435 先ずは、ボーイスカウト成田第1団恒例の成田ロータリークラブとの交流会。
ボーイスカウト成田第1団では育成会長を務め、ロータリークラブの会員でもあるため、今日は両方の立場での参加でしたが、冒頭のわずかの時間のみしか参加できず申し訳なく思ったところです。
昨今の少子化や子供たちにとって様々な活動の選択肢がある中でスカウトの数は減少してきましたが、野外でのグループ活動によって自主性、協調性、社会性、たくましさなどを育む伝統のボーイスカウト活動を今後も応援していきたいと思います。
是非、皆様にもご理解を賜りますようお願い申し上げます。

Img_9440 Img_9437 続いては、年末恒例、地元の全三里塚商和会福引抽選会の会場へ。
今年も伝統の福引抽選会に多くの方が訪れました。
毎年1番最初の方が1等の当たり玉を入れますが、今年は
何と、その1等賞(現金1万円)の玉を入れたご本人が自ら当てるという幸先の良いスタートでした。
途中の待ち時間が1時間半を超えるなど大盛況でしたが、かつてよりも個々の商店の数が減少してきているのが課題ではあります。
しかしながら、地元を盛り上げようと尽力していただいている各商店の方々の思いも受け止めて、
地元地区の活性化に努めなければならないとの思いを強くしています。

Img_9442 Img_9448 福引会場を一旦離れて、成田市青少年交流綱引き大会を見学しました。
各小学校対抗の団体競技はやはり盛り上がります。
特に今年は保護者も入場可となり、まさに笑いあり涙ありで会場は大変な盛り上がりでした。
子供たちにとっても素晴らしい経験となったことと思います。

尚、結果は以下の通りです。

      • 優 勝 成田小(成田King)
      • 準優勝 公津小(公津ビクトリー)
      • 3 位 大栄みらい(大栄レジェンズ)
      • 4 位 公津の杜小(公津の杜BLAZE)

入賞されたチームの皆様、おめでとうございます。そして参加されたすべての方々、お疲れ様でした。
何よりも、主催された青少年相談員の皆様に敬意を表します。

Img_9456_20231218091201Img_9457 Img_9452 午後からは、2日目を迎えたNARITAクリスマスマルシェ2023の会場へ。
このイベントも2年目となり、昨年と比べると随所に充実したところが見受けられました。
初日の昨日に比べると気温はぐっと下がりましたが、多くの人たちが会場を訪れて盛り上がりを見せていたと思います。

会場となった成田ニュータウン赤坂地区にあるボンベルタ成田は、来年リニューアルを予定しています。
成田ニュータウンの商業的な核であるため今後のリニューアル計画に期待しますが、隣接地の約2haも県有地から市有地となり、成田市において公共施設を立地させる構想も進みつつあることなど、将来的に成田ニュータウンの中心地区としての発展が期待されています。
私自身も、成田の今後の都市づくりにおいて”成田ニュータウンの再生”を重要政策に位置付けていますので、今後も地域の住民の皆さんの声をお聞きしながら政策の実現を目指して参ります。

さてこの後は、地元の方々との懇談会に出席予定のため、今日は少し早めに失礼します。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月16日 (土)

保育園のおゆうぎ会 午後は成田空港の地域の課題について議論

こんばんは。

今日は理事長を務める3つの保育園のおゆうぎ会でした。
先ずは、三里塚第一保育園、続いて三里塚第二保育園、そして三里塚みらい保育園で挨拶。
そして、各保育園の年中児と年長児の発表を見せて頂きました。

園児たちの確実な成長を実感しましたが、保護者の方々にも日ごろの家庭生活では見られない保育園での集団生活の一端を見ていただけたものと思います。
今日のおゆうぎ会を目指して練習を重ね頑張ってきた園児たちを称えると共に、園児達の指導にあたり衣装づくりなど頑張ってきてくれた多くの職員にも感謝しているところです。
素晴らしいおゆうぎ会をありがとうございました。

Img_9425 午後からは、顧問を務める成田空港騒音対策地域連絡協議会の常任理事・監事会議に出席。
騒音対策や落下物防止対策と地域振興など、多くの内容について協議が行われました。

成田空港周辺地域にとっては、「空港の発展なくして地域の発展なし」という基本に立ちながら、負の影響を受けてる地域の様々な問題に取り組まなければなりません。
これまで積み残してきた問題の解決はもちろんこと、新たに発生している問題もあるため、日ごろから住民のご意見に耳を傾けて真摯に対応していく必要があると考えています。

B滑走路の延伸と第3滑走路の増設によって発着回数50万回を目指す「成田空港の更なる機能強化」が進められている中で、騒音下住民の生活上の不安を取り除き、空港周辺地域にとっても空港の発展と共に将来を描ける”共栄策”の実現に向けて努力していかなければならないと改めて実感した今日の会議でした。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月15日 (金)

農業会議常設審議委員会で農地転用案件60件を審査

こんばんは。

今日は会長を務める千葉県農業会議の常設審議委員会が開催され、県内の各農業委員会から提案された会長諮問案件60件について審査しました。
そのうち野田市内の1種農地を物流施設の建設用地として転用する案件で、
現地調査を行った結果”不許可相当”との報告がありました。
地元の農業委員会は”許可相当”という結論でしたが、結果的に県農業会議としては、長年耕作放棄の状態が続いているとはいえ、食料安全保障と今後も計画的な食糧生産を維持していかなければならないとうこと、そして県内各地の必要な農地を保全していなかければならないという明確な姿勢を示す必要性などから、広大な一団の1種農地の一部を安易に転用すべきでないとの結論が集約され、出席常設審議委員全員一致で”不許可相当”となりました。

今日の結論を受けてこの案件の今後の扱いは、最終的に県当局の判断に委ねることになりますが、現在の法令等に則すと県は、”許可”の判断を下す現実もあると思われます。
そのため私から県当局に対しては、県における今後の審査の過程と結論について、丁寧な説明を求めたところです。
農業の担い手不足などからも耕作放棄地が増加している中ですが、引き続き我が国の基幹産業である農業の振興と、農地の適正利用、保全に努めて参ります。

夕方からは2件の忘年会に出席。
それぞれの場において出席されていた方々と貴重な意見交換をさせていただきました。
頂いたご意見を県政に反映すべく努力して参ります。

さて、今日は大谷翔平選手のロサンゼルスドジャースへの入団会見があり、その話題一色の一日でした。
報道を目にすると、アメリカの地で日本人がこれほどまでに話題となり、特にプロスポーツ界において大きな注目を集めた現実を新たにし、同じ日本人として誇りに思うと同時に大谷翔平選手の人間としての大きな魅力を感じます。
野球に打ち込む姿勢、行動、他者への配慮、そして何と言っても、自ら持つ目標へ向けての挑戦など、非の打ち所がなく真似したくてもできないその存在感に圧倒される感さえ覚えます。
野球ファンのみならず、改めてファンが増えたのではないでしょうか。

厳しいプロスポーツの世界において戦い続ける難しさを想像しますが、日本を代表するスーパースターとしての活躍を期待しつつ引き続き応援していきたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月14日 (木)

今日は常任委員会 旭警察署の新庁舎を視察

こんばんは。

今日は所属する環境生活警察常任委員会でした。
先ずは、環境生活部の議案審査が行われ、補正予算をはじめ負託された全議案可決すべきものと決定しました。
その後、委員会が所管する内容についての質問が行われ私からは、千葉県総合スポーツセンター体育館の建て替え事業について質問しました。
答弁によると基本設計が終了したとのことで、今後実施設計に入りその後建築工事に入っていく予定とのことです。
千葉県のスポーツ振興を図るうえで重要な施設となりますので、引き続き事業の進捗を注視して参ります。

他の委員からは、袖ヶ浦市での太陽光発電を目的とした埋め立て事業等で、違法性がありながら長年放置されている問題について多くの質問がありました。
先月に新聞報道もなされたものですが、委員会としても問題意識を共有したところです。
今日のところ先ずは県に対して適切な対応を求めましたので、今後の推移を確認していきたいと思います。

休憩をはさんでからは警察本部の審査。
こちらも補正予算議案が可決すべきものと決定しました。

Img_9422 Img_9417 Img_9416 午後からは、建て替えが行われ完成間近となった旭警察署新庁舎の工事状況を視察。
既に解体されている旧庁舎は昭和51年に建設で、老朽化と耐震の問題などから建替え事業が進められてきました。
この50年間で職員数も1.8倍になったとのことで、手狭でもありました。

今回の建て替えの事業費は約28億円で、旧庁舎に比べて延床面積は2.3倍となり各施設も拡充・充実化が図られています。
犯罪も複雑多様化している昨今、次代とともに変化する社会情勢の中で、旭市民の安心安全が一層高まることを期待しています。

1件報告です。
本日、千葉県営水道料金の口座振替について、Webによる受付を令和6年1月4日から開始することが発表されました。
便利な口座振替をご活用いただきますようお願い申し上げます。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月12日 (火)

支援者との懇談会で少子化問題について議論 夕方は国際医療福祉大学成田病院でイルミネーション点灯式

こんばんは。

今日は日中に支援者の皆さんとの懇談会がありました。
様々なご意見をいただきましたが、地元成田市の方向性について、そして少子化や農業の問題、教育のあり方など、話題は多岐にわたりました。
その中で特に少子化問題については、東京都の高校授業料無償化の所得制限の撤廃について、「千葉県は実施しないのか?」との問いかけがありました。

現時点で、千葉県が東京都と同じ内容の施策を実施して追随するのは財政的に難しい状況にあります。
小池都知事は、東京都の潤沢な税収をもとに様々な施策を実施していますが、結果的に近隣自治体との不均衡が生まれてきています。
”国を先導する”気概を持つことは理解しつつも、東京の経済の一翼を支えている千葉県としては歯がゆさも感じるところがあります。
財政的な視点では追いつくことは難しいところですが、東京都との格差を埋めるための施策展開を考えていかなければなりません。
県議会の多数を占める自民党として、今後も責任ある政策提言を行いながら千葉県の子育て環境の充実に努めていかなければならないことを実感した今日の懇談会です。

Img_9412 Img_9413 Img_9404 夕方は国際医療福祉大学成田病院でのイルミネーション点灯式に出席しました。
コロナ禍で医療従事者の方々には大変お世話になりました。
特に国際医療福祉大学成田病院は、開院直前に新型コロナウィルス感染症が広がり、開院時期を特別に前倒しした経緯があり、その後もコロナ禍では大きな役割を果たしてきました。

そこで地元の電気事業を営む山﨑電設工業株式会社さんが、病院、特に医療従事者の方々への感謝の気持ちを表そうとイルミネーションを設置して今年で4年目となりました。
今日も吉野病院長はじめ病院関係者の方々が出席して点灯式を行いましたが、山﨑電設工業さんに対して病院としての感謝のお気持ちが述べられていました。
イルミネーションの点灯は17時から21までのため、多くが訪れる日中の時間帯は見ることは出来ませんが、多くの方に”癒し”を与えてくれればと思います。
なお、このイルミネーションは1月31日まで設置されています。
お近くにお越しの際はご覧いただければと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月11日 (月)

午前中は成田の都市づくりについて打ち合わせ 午後はユネスコ大会in八街に参加

こんばんは。

今日は午前中に成田市の都市計画などのついて打ち合わせ。
成田空港の更なる機能強化の進捗により、徐々に各地での開発区運が高まってきていることを感じています。
また既存市街地、特に成田ニュータウンの”再生”についても話題となりましたが、成田ニュータウンの中心的施設である「ボンベルタ成田」が来年リニューアルを予定していることもあり、立地する赤坂地区全体のあり方についても各方面から注目が集まっています。

成田ニュータウンは、成田空港関連の就業者の居住地として千葉県が造成しましたが、既に計画から半世紀が経過しているため、都市計画上の見直しも必要となってきていると感じているところです。
県としても県営住宅をはじめとする公共施設を有している立場として、今後の”ニュータウン”全体のあり方にも関与して、引き続きその責任を果たすように求めていきたいと思います。

Img_9391Img_9393 Img_9394 午後からは八街市の千葉黎明高校で開催された「第40回千葉県ユネスコ大会in八街」に参加しました。
会場となった千葉黎明高校の「生徒館」は、国の有形文化財に指定されている建築物で、来年、建築からちょうど100年の節目となります。
大学で建築の構造力学を専攻した私としては、屋根の骨組みである小屋組みが非常に特徴のある木造トラスであったことが印象的でした。

さて、大会の中身は、記念講演や活動発表、シンポジウムがありましたが、ロシアによるウクライナ侵略、そしてイスラエルのガザ地区への激しい攻撃が連日伝えられている中で、世界的に平和を取り戻すための運動が今こそ必要であると実感したところです。

Img_9397 また、「子供の貧困」についての講演もありましたが、日本における子供の貧困問題により真剣に取り組む必要性について、改めて課題意識を強くしたところです。
なお、来年はこの大会が成田で開催される予定です。
成田ユネスコ協会の役員でありながらなかなか活動に参加できていませんが、来年の大会に向けては出来る限り協力して参りたいと思います。

現在は、八街から一旦事務所に戻り事務作業の合間にこのブログを更新中です。
この後は知人の突然のご逝去の報を受けましたので、急遽お通夜に参列して参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月10日 (日)

伝統の中郷地区駅伝大会と国際交流の集い

こんばんは。

Img_9371 Img_9377 今日はまず、伝統の中郷地区駅伝競走大会に出席。
コロナ禍もあって久しぶりの開催です。

この中郷地区は、成田空港の航空機騒音で多くが移転対象となったため地区内人口は徐々に減少してきました。
そしてこの駅伝大会への参加も、かつての7チームから3チームへと少なくなってしまいましたが、地区の方々のご尽力により大会の襷はしっかりと受け継がれています。
少子化が進み今後も地域行事の継承が難しくなることが予想されますが、引き続き伝統を襷を受け継いでいって欲しいと願っています。

Img_9379 午後からは、成田市中央公民館で開催された「国際交流の集い」。
今年で28回目を数える国際空港の地元ならではのイベントです。

先ずは日本語スピーチ発表会となりましたが、今日は7カ国9名の方々のスピーチを拝聴しました。
来日半年足らずの方から、日本語検定1級を目指す方まで、難しい日本語の習得に一生懸命であるその姿勢に脱帽です。
お話の内容に感動さえも覚えました。

Img_9384 Img_9386 Img_9387 この「国際交流の集い」の開催はもとより、成田市において35年の長きにわたってボランティアで日本語指導にあたられている岡田幸雄先生と講師の先生方のご尽力には心から敬意を表するところです。
これから益々国際性が進み、海外の人々との交流が盛んになることが予想される中で、国際空港の地元として、すべての国の人々にとって住みやすく、働きやすい成田地域を創っていかなければならないと感じたところです。
多文化共生社会の推進に、引き続き努力してまいる所存です。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月 9日 (土)

元K-1王者 ピーターアーツさん

こんばんは。

Img_9368 12月とは思えない暖かさとなった今日の土曜日は、成田市内の松崎地区の忘年会に出席しました。
北千葉道路や鉄道の成田スカイアクセス線の建設から現在まで、多くのご協力をいただいている地区でもあります。
日中ということで残念ながら一緒にお酒を飲むことは出来ませんでしたが、様々なご意見をいただきました。
特にこの松崎地区は、成田湯川駅の北側に位置するため、今後の駅周辺の開発の動向が大きく影響してくることもあり、県や成田市の施策展開がどうなるのかという点について、多くのお話をいただきました。

隣接の下福田地区には、大規模な物流施設の建設も決定しましたので、この松崎地区も将来的には大きく変貌する可能性がある地域であると認識しています。
ただし、将来を見据えて計画的な開発が進められる必要性もあることから、地域の方々のご意見を大事していかなければならないと考えているところです。
今後も成田市にとって重要な地域となると認識していますので、引き続き地域住民の方々とのふれあいを大事にして参りたいと思います。

続いては美郷台二丁目の餅つき大会へ。
4年ぶりの開催でしたが、多くの住民の方々が集い盛況であったと思います。
先週に続いて師走らしい餅つき大会で、おなかも満足しました。
大変ご馳走様でした。

夕方からは成田市内の建設関係企業の忘年会に出席。
この企業は、成田空港開港前の激しい反対闘争の中でも、当時の空港公団に協力して前面に立って空港建設を応援してきた歴史があります。
現在では、空港のみならず圏央道の工事にも携わり、成田空港のみならず地元にはなくてはならない企業として発展してきました。

Img_9369 今日の忘年会もその歴史を物語る盛況ぶりであったと思いますが、お隣のテーブルには何と元K-1王者のピーター・アーツさんがいらっしゃいました。
紹介されることもなかったのですが、その圧倒的存在感から食事する間もないほど次から次へとサインや写真撮影の依頼に応えてくれていました。
私も写真をお願いしたところ快く笑顔で応えてくれたのがとても印象的で、記念に残った今日の忘年会です。
改めてお誘い頂いたことに心から感謝申し上げます。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月 8日 (金)

物流、航空関係の打ち合わせ そしてジュニアラグビー全国大会出場選手を激励

こんばんは。

今日は議会が休会日となったため、地元成田市内での活動になりました。

午前中は物流関係団体の役員の方と打ち合わせ。
航空物流の現状と2024年問題について色々とお話を伺いました。
特に成田空港におけるトラックの待機時間の問題、周辺道路網の課題などについては、問題意識を新たにしたところです。
2024年問題は全国共通の問題ではありますが、その中で成田特有の問題が存在することから、関連の物流企業がより連携して問題の解決に当たっていく体制づくりの必要性を共有したところです。
機能強化が進められている成田空港ですが、短期、そして中長期の問題をしっかりと認識しながら対応して参ります。

午後からは航空関係企業との意見交換もありました。
成田空港の更なる機能強化への期待感が多くありましたが、やはり人材不足の問題が大きく立ちはだかっていると実感したところです。
成田空港が就業場所として魅力を高める施策を展開し、中高生から興味を持ってもらえる機会を創出し、また就職へと確実につながるような施策を展開すべきと考えています。

Img_9360 夕方は成田市ラグビー協会会長として、成田役所での第29回全国ジュニアラグビーフットボール大会出場選手の激励会に出席しました。
地元成田から千葉県の代表として選抜されたのは、八千代松陰中学校3年の飯田温士選手と田北理人選手の2人。
市側からは、小泉市長、神﨑勝市議会議長、関根副市長、関川教育長、伊藤部長がご出席いただき、力強い激励のお言葉をいただきました。
なお大会は、来る12/23〜12/25に東京で開催されます。
県内他の地域から選抜された選手たちと共に、全国の舞台を楽しみ活躍してくれることを願っています。

夜は後援組織「友の会」の忘年役員会。
最近の活動を報告すると共に、コロナ禍で中止していた県政報告会を開催することを決定していただきました。
今年の選挙でのご支援に改めて感謝しつつ、楽しい時間を過ごさせていただきました。
引き続きご期待に沿うべく活動して参りたいと思います。

千葉得県議会議員 小池正昭

| | コメント (1)

2023年12月 7日 (木)

私学関係者との懇談 東京都が高校実質無償化の所得制限撤廃の方針についても意見交換

こんばんは。

県議会は今日で一般質問の日程が終わりました。
明日は休会日となり、
週明けからは各常任委員会が開催されて本格的に議案の審査が行われます。
私が所属する環境生活警察常任委員会は、14日(木)の予定のためしばらく時間的余裕が生まれますが、付託された議案と所管する事業等について調査して委員会に臨んでまいりたいと思います。

Img_9356 今日のお昼の休憩中は、鍼・灸・あん摩マッサージ指圧を考える議員の会。
千葉県鍼灸マッサージ師会の石川会長より、広告の適正化、物価高騰対策支援、国家資格外施術所への規制などご要望がありました。
毎回同趣旨のご要望をいただいていますが、解決できていない現実があります。
国の法律に関わるところが多いため難しい問題であることは認識していますが、鍼灸マッサージ師会の皆様には、県民の健康保持と医療費削減にも寄与していただいている現実もありますので、引き続き対応して参る所存です。

本会議が終わってからは、千葉県私学教育振興財団の知事への要望活動に同席。
続いて千葉市内のホテルに場所を移して振興財団の方々と私学振興議員連盟との懇談会が開催されまいた。
出席されていた各学校、幼稚園の方々からは、良質な教育の実施を第一としつつも、深刻化する少子化問題に直面している現在、様々な不安があるとのご意見を多数いただきました。
千葉県の教育環境の充実を図るうえでは、公教育の一翼を担っていただいている私学についても力を入れていかなければなりません。

ただし気になるのが、大都市圏における様々な自治体間競争。
東京都と大阪府は、高校の実質無償化について、これまで設けていた所得制限を撤廃する方針を明らかにしました。

今日もこの話題が多く出ましたが、東京都と隣接する地域に多くの人口が分布している千葉県としては、来年度予算の要求ベースで約600億円の財源不足となっている現実があり、東京都に追随した手を打つことは現実的に難しいところがあります。
ただし、今後議論を深めて千葉県としても少子化対策の重要な一つとして、高等教育費用の低減を更に図る方向性を見出いしていかなければなりません。

国に対しては、過剰な自治体間競争が繰り広げられている現実を訴え、特に教育や福祉に関しては国家としての基本姿勢を明確にして対応を求めていかなければならないとも考えています。
県立高校の再編、統廃合も避けては通れない現実がある中で、引き続き重要な教育政策についても議論をし取り組んで参りたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月 6日 (水)

物価高騰対策で追加補正予算 夕方はナイス・ポーク・チバの活動報告会

こんばんは。

今日も本会議で午前に2人、午後2人の一般質問がありました。
お昼の休憩中は常任委員会の打ち合わせ。
環境生活常任委員会が所管する、環境生活と警察本部から補正予算をはじめとする議案の概要について説明を受けました。
各議案の中では目立った問題もないため、委員会も円滑に進むと予想しています。

午後の本会議が終わってから自民党の政務調査会が開催され、追加提案される補正予算の概要について説明を受けました。
補正予算の規模は、90億6千万円で国の重点支援地方交付金を活用します。

この重点支援地方交付金はエネルギー・食料品価格等の物価高騰に対して、地方公共団体が地域の実情に合わせて必要な支援を行えるように措置され、その総額は1兆6千億円です。
このうち1兆1千億円が低所得世帯への支援で、住民税非課税世帯1世帯当たり7万円を基礎として市町村が支援を行います。

5千億円については事業者支援で、国から示された推奨事業のメニューに従い県として予算を配分します。
今回は新たに、農林水産業の物価高騰対策で新たに、農林水産物の生産・調整・加工・貯蔵施設の電気料金高騰に対する支援が加わりました。
これを受けて千葉県としても肉畜経営支援緊急対策事業として、と畜検査を実施する食肉センターの電気料金高騰に対して、また水産加工施設に対しても同様に電気料金高騰分に対してその一部を支援する方針です。
尚、物価高騰対策については引き続き対応していかなければならないと考えているところです。

Img_9344 Img_9349 Img_9345 夕方からは、ナイス・ポーク・チバ推進協議会の活動報告会に参加しました。
千葉県農業の中で豚肉の生産は重要な品目の一つであり、千葉県は豚の飼育頭数が全国5位、そして豚肉産出額でも全国5
位を誇る畜産県です。
そのため今後も重要な産業として養豚業を支援していかなければなりません。

また、豚肉の加工・流通に欠かせない「と畜場」も養豚産業の発展に欠かせないため、現在、県の食肉流通合理化計画に基づき、成田市内の食肉センターを核に「と畜場」の再編備が議論されています。
現時点で用地の選定などで課題はありますが、時代に則した食肉の加工・流通体制を構築するためにも、具体的な議論を進めて早期に最新鋭の食肉センターが建設されることを期待しているところです。
この食肉センターの再編整備については、これまで何度も議会で取り上げてきていますが、引き続き問題意識を持って関わってまいる所存です。

是非皆様にも、”千葉のおいしい豚”を食していただきたくお願い申し上げます。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (1)

2023年12月 5日 (火)

全国2位の千葉県の花植木の振興と、不登校児童生徒の教育機会確保について

こんばんは。

今日も本会議で一般質問が行われ、午前中に2人、午後から2人が登壇しました。
一般質問の日程も残すところ明日と明後日の2日間。
他の議員の政策的主張に耳を傾けて参ります。

Img_9332 Img_9335 Img_9341 お昼の休憩中には、花き生産振興議員連盟の総会が開催され出席しました。
昨今の花きの消費は、コロナの影響から回復傾向も購入金額は減少傾向とのこと。
そして、生産力が低下傾向にあり燃油高騰などで生産コストが上昇。
また、夏季の高温により生育にも影響が出ているとのことでした。

様々な影響を受けている現実を知ることとなりましたが、千葉県内の花き生産、植木出荷額は共に全国2位ですので、引き続き花植木の振興に努めて参ります。
なお、年明けの1月7日、8日の2日間は、そごう千葉店6階で恒例のフラワーフェスティバルが開催されます。
初めての試みでいちご生産者とのコラボもあるそうですので、是非お立ち寄りください。

本会議が終わってからは、自民党会派の役員会と議員総会。
そして不登校児童生徒の教育機会確保を支援する議員連盟が開催され、県における取組状況の説明を受けました。
不登校児童生徒数が10年連続して増加している中で、多くの議員が問題意識を共有しています。

千葉県では、議員発議で不登校児童生徒の教育機会確保のための条例を制定しましたが、条例をもとにして具体的な対策を講じていなかければなりません。
ただし、問題も複雑化している現実もあり、行政、学校のみならずフリースクール等運営する民間団体など幅広い範囲の関係者が問題解決に当たっていく必要があると認識しています。
この議員連盟の会長を務める身として、引き続き努力して参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月 4日 (月)

千葉交響楽団のミニコンサートに癒されながら議会活動

こんばんは。

県議会は今日も一般質問。
午前中に2人、午後から2人が登壇しました。
各選挙区の地元の課題も提起されるため、広い千葉県内の実情を知る機会でもあります。
一般質問も残り3日間。
引き続き各議員の質問を拝聴して参ります。

Img_9313 Img_9315 お昼の休憩中には、議会棟ロビーで千葉交響楽団の弦楽四重奏ミニコンサートが開催されました。
慌ただしい議会の合間でしたが癒された感を覚え、午後からの議会に臨むことが出来ました。

県議会自民会派は、千葉交響楽団の活動を応援しています。
コロナ禍では大変なご苦労がありましたが、千葉県唯一のプロオーケストラとして引き続き発展して欲しいと思っています。
皆様にも是非ご関心をお寄せいただければ幸いです。

Img_9322 Img_9326 Img_9327 議会が終わってからは、千葉市内のホテルで開催された宅建政治連盟との協議会に出席しました。
不動産取得税の軽減、道路位置指定による宅地造成の面積基準緩和、空き家情報の環境整備、文化財調査費用の透明性、農地法に関わる規制の緩和、災害対策の強化について要望を頂きました。
頂いたご要望には対応の難しい内容もありますが、県土発展には宅建業者の皆様との連携も重要となりますので、引き続きご意見を真摯に拝聴しながら対応して参りたいと思います。

そして知人との食事会。
色々と情報交換させていただき有意義でした。
師走らしくあっという間に時間が過ぎていきますが、年末の最終最後まで頑張ってまいります。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月 3日 (日)

地元の美化運動 餅つき大会、「直売所しもふさ」10周年創業祭

こんばんは。

今日はまず、父の命日に当たりお墓参り。

そして地元の美化運動に参加。
冒頭、ご挨拶の機会を頂きましたので、最近金属盗難が増えていること、インフルエンザが引き続き流行していること、そして新型コロナウィルス感染者が増加する兆候があることなどをお話ししました。
今後も地元自治会活動には出来る限り参加してい参ります。

Img_9305 Img_9308 その後は、餅つき大会へ。
今日は師走に入ってはじめての日曜日ということで、各地で餅つき大会が開催されました。
日中は穏やかな天気でしたので、まさに餅つき日和。
住民の方々も多く参加して、楽しいひと時を過ごされていたと思います。

各自治会単位で日本の伝統的行事である”餅つき”が行われていることを嬉しくも感じたところです。

Img_9309 続いては、「直売所しもふさ」の10周年創業祭へ。
昨日と今日の2日間は市内外より多くの人々が訪れ大変賑わったそうです。
そして今日は、午後3時から”餅投げ”が行われました。
こちらも私の記憶では過去最多の人が集まっていたと思います。

「直売所しもふさは」、旧下総町の時に地元から要望があり、その後成田市と合併して各補助金を活用しながら事業がスタートしました。
実は、創業当時には様々な不安の声があったのも事実です。
しかし、役員はじめ関係者の継続したご努力によって売り上げを伸ばし、10周年を迎えることが出来ました。
改めて役員の方々やお店を運営されてきた関係者の皆様に心からお祝いを申し上げます。
10周年おめでとうございました。

さて、明日からも県議会は一般質問が続きます。
千葉市内での行事も多い今週は慌ただしくなりますが、体調管理に気を付けながら乗り切ってまいりたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

 

 

| | コメント (0)

2023年12月 2日 (土)

私学功労者表彰に始まり 地元のプレイパーク イルミネーション点灯式などの一日でした

こんばんは。

Img_9288 Img_9292 今日はまず、幕張のホテルで開催された千葉県私学教育功労者表彰式典に出席しました。
日頃より児童、生徒、学生の教育に熱心に当たっていただいている各学校の受賞者の皆様に、改めて敬意を表しお祝いを申し上げます。
教育は、国家百年の計と言われます。
私学は公教育の重要な一翼を担っていただいているという認識のもと、引き続き私学の振興に力を注いで参りたいと思います。

Img_9311 続いては成田ニュータウン赤坂公園で開催された成田おむすびプレイパークの会場へ。
”プレイパーク”とは、子供たちの”遊び場”で、従来の公園等で遊具のある場所ではなく、自らの発想で自由に遊べる場所です。
どろんこ遊びあり、火を使った体験もありなど、子供たちの工夫と想像力で過度な制限を設けない遊び場です。
成田でも子育て環境の充実の一環として、この”プレイパーク”の常設化を望む声があり、この度、特定非営利活動法人「成田おむすぶプレイパーク」(代表理事 城 順子氏)が設立されました。

今日も落ち葉を集めて山をつくり、その中に飛び込むなど、最近の子供たちには見られない自由な遊びがありました。
国による少子化対策も今後進むことを期待していますが、地方自治体や民間の協働による取り組みが重要となってくると認識しています。
そのため、法人として立ち上がった「成田おむすびプレイパーク」の今後の活動を応援しながら、成田の子育て環境の充実に努めたいと考えています。

Img_9296 夕方は、京成公津の杜駅前のイルミネーション点灯式に出席。
恒例の公津の杜小学校の児童が作ってくれたペットボトル、チーバくんとうなりくん、そして今年は新たにプロジェクションマッピングが加わりました。
主催の公津商店会の皆さんのご尽力で今年も点灯したイルミネーション。
2/22まで駅を利用する方々を迎えて点灯していますので、お立ち寄りいただければと思います。

そして夜は各団体の忘年会。
同時刻に4件が重なりましたが、出席していた方々とふれあいを持ちながら楽しく参加させていただきました。

さて明日は地元の美化運動の予定です。
今年最後の美化運動で地元の環境美化に努めていと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

| | コメント (0)

2023年12月 1日 (金)

忘年会シーズン到来

こんばんは。

県議会は本会議での質問3日目を終えました。
提案されている議案についての協議や各課との打合わせなどの多い毎日です。
なお、去る29日に私の自民党代表質問で知事が答弁した物価高騰に対応する追加補正予算についても、その詳細が来週以降順次明らかになるようですので、その内容についてもしっかりと審査して参りたいと思います。

さて、12月に入って初めての金曜日、地元成田の街もこの季節らしい賑わいが見えたように思います。
私も忘年会を梯子しましたが、飲食店の方にお話を伺うと、賑わいは戻ってきたもののコロナ禍前と比べると「夜の引けが早い」とのことでした。
コロナ禍を経て人々の行動変容が明らかにあり、集団での”飲み会”もかつてとは異なっているようです。

私自身は久しぶりに忘年会のスケジュールが多く入っている今年の12月。
久しぶりに「忘年会シーズン到来」を感じます。そして、特にピークとなるのが明日の12月第一土曜日です。
同じ時間帯に多くの忘年会が重なっていますが、出来る限り多くの方々とのふれあいを持つように努力して楽しい時間を過ごしたいと思います。

千葉県議会議員 小池正昭

 

| | コメント (0)

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »