« 自治会の総会で挨拶 地元町内会では新年度から班長を務めます | トップページ | 公津商店会の勉強会 成田市の大型プロジェクトが目白押し »

2024年3月26日 (火)

昨日は特養「ひだまりの杜」落成式に出席 今日は環境審議会など 

こんばんは。

Img_0364 昨日の内容ですが、成田市の不動ヶ岡に社会福祉法人大裕会の特別養護老人ホーム「ひだまりの杜」が完成。
落成式が行われ来賓として出席し挨拶させていただきました。
特別養護老人ホームへの入所待機者は依然として多く、「ひだまりの杜」が100床を整備していただいたことは心強いところです。

最近では特別養護老人ホームの運営が厳しくなってきている傾向にあり、また介護人材の不足もあって、施設整備が鈍化している状況もありますが、そのような中でも特に今回は利便性の高い市街地に施設を新設していただいたことは、地元成田市の高齢者介護施策の充実に直結するものであると感じました。

来賓の挨拶の中で「いずれお世話になります」との言葉が多くあり、和やかな雰囲気での落成式となりました。
でも、本当にお世話になることのないように、先ずは日々の健康管理に留意して生活することを心掛けていきたいと思った次第です。

Img_0366 さて今日はまず、千葉県環境審議会水環境部会に出席。
水質環境基準の水域類型の見直しについて審議しました

事務局を務める県の担当課からの説明の中で、県内河川の水質状況について議論しましたが、大腸菌数の測定結果等についてデータ分析が甘いところがあると感じたため、より詳細かつ説得力のある分析をお願いしました。

また印旛沼及び手賀沼に係る湖沼水質保全計画の進捗に関してですが、長年印旛沼の水質改善を唱えながらも効果が見られていない現状から、より対策を強化することを求めたところです。
県当局においては既に次期計画の検討に入っている段階のようですが、実効力ある思い切った対策を打ち出してもらいたいと思います。

その後は県庁にて成田空港周辺における道路整備計画について打ち合わせ。

Img_0367 Img_0368_20240326191101 午後からは地元成田に戻り、東関東自動車道(仮称)成田スマートIC建設促進期成同盟会の総会に顧問として出席しました。

現在の検討状況等の説明がありましたが、様々な制約から東京方面のみのハーフインター形式を軸に検討が進められていく見込みです。
そして規約の改正が行われ、既存の成田ICとの関係で名称を「(仮称)成田西IC」とする事が決定しました。
新たな道路整備との兼ね合いからも課題が山積していると感じていますが、成田市が進める事業の進捗を応援してまいりたいと思います。

事務所に戻ってからは空港関係の打ち合わせ。
「更なる機能強化」関連の工事スケジュールの概要等について説明を受けましたが、ようやく具体的な工事も進みつつあることを実感しています。

成田空港は、千葉県の中でも政策的に最重要に位置付けらますので、引き続き成田空港の隣接地に住む県議会議員として、地元の実情を常に把握しながら、空港づくりと地域づくりを同時に推し進めるように活動を展開して参ります。

千葉県議会議員 小池正昭

|

« 自治会の総会で挨拶 地元町内会では新年度から班長を務めます | トップページ | 公津商店会の勉強会 成田市の大型プロジェクトが目白押し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自治会の総会で挨拶 地元町内会では新年度から班長を務めます | トップページ | 公津商店会の勉強会 成田市の大型プロジェクトが目白押し »