« 6月議会が開会 故伊藤和男議員のご逝去を悼む | トップページ | 利根川堤防で水防演習 »

2024年6月14日 (金)

午前中は農業会議関係 午後は成田空港における航空MRO産業の可能性について意見交換

こんばんは。

今日はまず9時15分から農業会議の理事会。
今月28日の総会に向けて提案する議案について事前に了承を得ました。

続いて10時からは毎月定例の常設審議委員会。
各市町から諮問された農地転用案件の審査を行い会長として議長を務めました。
一部について、委員からの指摘により提出資料に誤りや不備が判明したため、この案件については保留とすることとし改めて適正な資料の提出を求めることとしました。

農地転用に関しては多くの資料を要求しています。
各市町村の農業委員会での審査を経てきますが、農業会議の場においてしばしば資料の不備が発見されます。
その場での訂正が可能な場合には出来るだけ各市町村農業委員会の意見を尊重しますが、時に根本的な資料の不備や不足、また間違えも発見されます。

農業会議としては、農地の適正な利用についての責任を持っていますので、各市町村農業委員会における審査過程においても申請資料の適否など、今一度注意を払うことを要請していきたいと思います。
会長を仰せつかっている責任を果たして参ります。

午後からは地元の成田に戻り航空関係の打ち合わせ。
成田空港の特性を活かした産業として、航空機の機体や部品、エンジンなどの整備や修理を専門的に行う航空MRO(Maintenance, Repair and Overhaul)の可能性について意見交換しました。
お隣の韓国仁川では既にこの航空MRO産業を今後の成長産業として位置づけ、段階的な整備が進められています。

国際空港の持つ本来のポテンシャルをどのように活かし、そして世界的視野での産業形成に取り組むのか、という視点が日本には未だに欠如しているという感を持ちます。
世界の国々では、国際空港づくりを国家プロジェクトとして位置づけ国としての産業形成にも力を入れている現実を理解し、我が国でも後れを取ることなく戦略を持って対応していかなければなりません。
現在進行中の「成田空港の更なる機能強化」が真の国家プロジェクトとして強く認識され、必要なかつ具体的な検討が行われるように働きかけていかなければならないと強く感じているところです。

続いては農業関係の打ち合わせ。
最近の米価の高騰や、有機農業とスマート農業の推進の必要性などについて意見交換しました。
一般質問でも取り上げる予定ですので、引き続き関係者からのご意見などを積極的に聞く機会を設けて、県政における取組の強化を求めて参ります。

6月とは思えない暑い日が続いてます。
皆様、体調管理にくれぐれもご留意ください。

千葉県議会議員 小池正昭

|

« 6月議会が開会 故伊藤和男議員のご逝去を悼む | トップページ | 利根川堤防で水防演習 »

コメント

〜未来を分かう国家プロジェクトにかける想い〜

国家プロジェクトの構想と現実、課題に取り組み・実現と実行

目標を達成するために計画や企画の実現

比較的規模が大きいイベントやシステム開発や義務等多様性に分野主導に成功させるためのプロジェクト

農業、生産者の支援や持続可能なプロジェクト

米等のプロジェクト

食のあり方を考え育む、規格外、豊作、野菜
等の食育推進、食料安全保障、地球環境保全、SDGs.サステナブル、地域活性化等の観点

産業プロジェクト、育成

PR、断続的な発展、創造プロジェクト等成功させる取り組み

国家経済安全保障戦略プロジェクト
成長戦略を目指していける事願います。

伊東安子🗾🌏

伊東安子

投稿: 伊東安子 | 2024年6月19日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月議会が開会 故伊藤和男議員のご逝去を悼む | トップページ | 利根川堤防で水防演習 »